新☆ハヤカワ・SF・シリーズ<br> ロックインー統合捜査-

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

新☆ハヤカワ・SF・シリーズ
ロックインー統合捜査-

  • 著者名:ジョン・スコルジー【著】/内田昌之【訳】
  • 価格 ¥1,584(本体¥1,440)
  • 早川書房(2016/02発売)
  • 近づく夏!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン ~5/22
  • ポイント 350pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784153350250

ファイル: /

内容説明

パンデミックの後遺症で、意識はあるのに体を動かせない人々が急増した世界。その一人シェインは、ロボットの体を遠隔操作する捜査官となるが……アメリカSF界屈指の人気作家が描く衝撃の未来

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sin

73
やたっ!近未来SFミステリーの秀作です。ある種のパンデミックを乗り越えた後に残された被害者達が独特の社会性を築いている…という物語の舞台設定が秀逸で、しかもその変換期に起こった奇妙な殺人?自殺?事件を発端にその核心に迫るまでがスピーディーに、ちょっとばかりご都合主義(笑)に展開していきます。そしていろんな意味で全てに関わりを持つ主人公が好感度抜群ないいやつですし、脇役もいい感じに曲者揃いでシリーズ化熱烈希望です。2016/02/24

猿吉君

57
人体入れ替え系SFでありつつもセレブ刑事ものという凝った設定を楽しめました。①ウイルス系でもあるのでこんな病気は実際勘弁と思いました。②スリーブがどんな形なのか、映像化するようなので観てみたいです。③今のところ恋愛要素が無いバディもの、「仲間」っていう感じが良いです。④アゴラ世界については続編で掘り下げるのかな。⑤解決については設定を生かしてそつなくまとめてます。点数:80/100→スコルジーだけあって面白いけど主人公がいつも冷静で盛り上がり最高潮!っていう感じが無かったのがちょっと気になりました。2020/09/10

Panzer Leader

47
本作は異星人の登場しない、世界的に拡散した難病発生後の近未来の地球を舞台に、殺人事件の捜査にあたる新人FBI捜査官の物語。ちょっとわかりずらい最初の世界観やら設定をクリアしてしまえば、後はいつもの通りのスコルジー節全開のスピード感溢れるSF。これで彼の翻訳作品は全部読んだ事になるが、面白さ・設定の斬新さの点から見たら本作は一番下位の作品。それでも水準以上のSFミステリーを書き上げてしまうスコルジーはやっぱり大したもの。2017/09/04

宇宙猫

37
★★★★ おもしろかった。主人公のクリスの閃き力や皮肉を交えたユーモラスな口調が「火星の人」のワトニーに似てると思った。彼のおかげで、重いテーマなのに軽く読めた。2016/04/28

こら

31
意識をロボットに転送し、それを駆使するFBI捜査官。事件を通して描かれるその設定が精緻で素晴らしい。会話もウィットに富んで、アクション描写も充分。ミステリとしても、トリックや解決はSFならではだし、おまけに悪人が本っ当に憎たらしいので最後はスカッと。SFとミステリを見事に昇華させたハイブリッドエンタメでした。さすがスコルジー、匠の技!2016/06/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10434931

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。