今様 京都の値段

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader

今様 京都の値段

  • 著者名:柏井壽
  • 価格 ¥950(本体¥864)
  • PHP研究所(2016/02発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784569828763

ファイル: /

内容説明

【食べる、買う、観る……とっておきの京都、50選】せっかく京都を訪れるならば、旅を最大限に楽しみ、このまちの深みに触れたい。それには、一体どのくらいのお金が必要なのか? 本書では、京都を知り尽くした著者が、真に価値ある50の「もの」や「体験」の値段を紹介する。その中で浮き彫りになるのは、京都というまちの奥深い魅力だ。京都旅をしあわせなものにしてくれるガイドブックとして、本当の京都を知るためのエッセイとして、必携の一冊。【内容例】◎「長久堂」の桜干菓子 60円◎「知恩院」の七不思議 400円◎「末廣」の蒸し寿司 1,600円◎「竹又 中川竹材店」の竹細工体験 3,500円 他

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

キック

63
積読本消化。タイトル買いの衝動買い。数ある京土産や外食等の中から、柏井氏渾身(?)のお勧めを紹介した本。たったの50選とコストパフォーマンスの極めて悪い本でした。ただ、流石に外れは無さそうなので、京土産や外食先に迷っている方は参考になるでしょう。中でも阿闍梨餅(@100円)はお勧めの一品です。市原平兵衛の「みやこばし」も使いやすいお箸です。開化堂の茶筒は年月を経ると渋い色に変化して味わいがあります。一方で「出町ふたば」の豆餅が選から漏れているのは個人的に不満です。2020/12/27

フリージア

29
生粋の京都人という著者が、京都の食べる買う観るを紹介してくれます。例えばしば漬けの「野呂本店」、「丹治蓮生堂」の和ろうそく、「市原平兵衛商店」の盛り付け箸、「粟餅所 澤屋」の粟餅等々。もしまた京都に行った時には寄ってみたくなります。時間がある京都旅行の重宝なガイドブックです。2021/10/25

たいぱぱ

13
前から食べてみたかった〈はふう〉のビーフカツサンド。1900円とありましたが、こんな値段だったかな?4000円くらいしたような・・・。兎に角食べてみたいです。2016/01/29

けせら

7
京都のもろもろ(食、文化など)をお値段も合わせて紹介する本。旅行に行けない昨今だけど、これを見てほっこりし、いつか訪れて「あ、これか」と、ここで紹介された諸々を見て回りたいわ。2021/02/13

田中峰和

4
地産地消を徹底している名店は京都にも多いが、ここで紹介される阿闍梨餅はその典型。昨年の天候不順で丹波大納言小豆が不作で、減産したため売り切れお詫びのニュースが出ていた。北海道小豆も台風の影響で凶作となって、仕入れができないとしても中国産で誤魔化すことも可能だろうが、道義的に許されない老舗の誇り。豚肉文化の東京に対し、京都は牛肉文化。まい泉のヒレカツサンドはとんかつだが、はふうのカツサンドはビフカツ。1800円のカツサンドと2800円のステーキ丼は気軽なランチではない。100円の阿闍梨餅は貧乏人の味方かも。2017/04/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10153961

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。