文春文庫<br> 看取り先生の遺言 2000人以上を看取った、がん専門医の「往生伝」

個数:1
紙書籍版価格 ¥781
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
看取り先生の遺言 2000人以上を看取った、がん専門医の「往生伝」

  • 著者名:奥野修司
  • 価格 ¥774(本体¥704)
  • 文藝春秋(2016/02発売)
  • 【kinoppy】文藝春秋 電書の森フェア2021 ポイント増量!(~9/30まで),シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 280pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167905385

ファイル: /

内容説明

治療こそ医師の使命だ。しかし、治らない患者はどうするのか。
肺がん専門医として確固たる地位を築き上げていた岡部健医師は、病院での治療に限界を感じ、宮城県に緩和ケア医院を設立。末期がん患者の訪問介護に注力し、2000人以上を看取った。

その岡部医師自身に胃がんが見つかったのは、東日本大震災の一年前だった。
自らのがん、震災は、岡部医師の死生観を大きく変えた。医療と宗教の壁を取り払い、「臨床宗教師」の誕生に、死の直前まで取り組んだ。

この本は、丹念な取材で知られるノンフィクション作家が170時間以上かけて、岡部医師の語る死生観、抗がん剤への疑問、在宅死、「お迎え」体験の意義などをまとめた「岡部医師の遺言」である。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

きょ

4
こんなすごいことしてた医師がいたんだ。もういないんだ。死生学には、たいへん興味がある。とはいえ、そんなもん、学問じゃなくて生き方、逝き方を己れでどう扱うべきか だろうとも思う。なんて突き放したら、死を怖れ哀しむ人の手助けなんて出来ない。寄り添いたい、でも自分でしっかりしてほしい。なんて思っていては、対人援助職ではない。私はどのように死に向かうのだろう。岡部先生のバイタリティー溢れる生き方、臨床で見出した緩和ケア、御自分が示した死出の旅だち、圧倒された。あちらへ行ったらお会いしたい人が、また増えた。2016/01/04

じぇい

2
旅先で読了。あえて急がず噛み締めて。まず、自分の望む死を選ぶには圧倒的知識が必要だ。多分これから10年で技術的な面の進化はかなり激しい。そして岡部先生のモデルは看取ってくれる家族がいない、これからの都会の高齢社会では絶望的だ。高い志と強い意志を持つがゆえに、反論を許さず、高みからの発言の面もある。それでもこの選択はなければいけないとも思う。介護と看取りの将来にまだ希望は感じない。医師は熱心であればあるほど、日常を生きてない気がする。生の充実はそこではないのか?2016/02/13

totoroemon

1
家族に迷惑かけずに自由に逝きたい2017/01/15

Masaaki Inoue

1
ガン患者の在宅緩和ケアに取り組む医者が、自らガンになり亡くなるまでの心境を奥野さんが取材したノンフィクション。プロの医者だけに自らの病状、検査や抗ガン剤の功罪について、病院の問題点や在宅の可能性等、とにかく納得できる。「お迎え現象」(←亡くなったお爺ちゃんとかが迎えに来るヤツです)についての考察や「臨床宗教士」の必要性などは、ちょっと他に類を見ない内容。人は必ず死ぬのだから最後には「あの世への道しるべ」が必要になるはずなのに、今はそれが無いから皆苦しむ、との事。死ぬ間際にもう一度読むと思います。お勧め!2016/06/22

I love Michi

0
どんなに医療が進もうと人は必ず死ぬ。死から目を背けるのではなく、必ず訪れる「死」というものをどのように迎えるかを、我々は日ごろから考えるべきである。癌が再発し抗癌剤治療が始まった時点で、もう治癒はないことを我々は認識し、残された時間をどのように生きるかをしっかりと考えるべきであろう。私が小さいころは自宅で亡くなるのが「普通」だった。今、病院で亡くなる癌患者さんは9割という。亡くなっていく人にとって、病院で一生を閉じることが本当に望ましいことなのか。私にはそうは思えないのだが。2016/09/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10071154

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。