河出文庫<br> キャロル

個数:1
紙書籍版価格 ¥902
  • Kinoppy
  • Reader

河出文庫
キャロル

  • ISBN:9784309464169

ファイル: /

内容説明

クリスマス、デパートのおもちゃ売り場の店員テレーズは、人妻キャロルと出会い、運命が変わる……サスペンスの女王ハイスミスがおくる、二人の女性の恋の物語。映画化原作ベストセラー。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

紅はこべ

147
主にテレーズの視点から描かれているが、これがキャロル視点になると、同性愛者版『アンナ・カレーニナ』って感じになるのかな。恋と同時に子供への愛も捨てられない女性ということで。テレーズの恋に落ちる様は細かく描かれている。心理小説みたい。王道な恋愛小説だと思った。『制服の処女』はあくまで精神的な愛情だが、本作は肉体的愛も描かれていて、大人の愛。辛い結末を予想していたが、ハイスミスにしては、意外な終わり方。読後感は良い。リチャードとハージはゲスだった。女に想定外の行動を取られた男ってそんなものか。2017/05/31

utinopoti27

126
舞台は50年代のアメリカ。本作は19歳の駆け出し舞台美術家テレーズと、美貌の人妻キャロルが織りなすレズビアン小説だ。自分にない成熟した女性の魅力を持つキャロルに対する憧れが、いつしか揺るぎない愛に変わってゆく・・。出口の見えない破滅の予感が支配するハイスミスの作品群の中で、異例の純愛物語は、甘美で切ない調べを奏で続けます。ちなみに、同性愛の嗜好を持つ作者の自伝的要素も含まれているのだとか。LGBTが異端視された当時の世情にあって、性別の垣根を超えた普遍的な愛をあえてテーマにした本作の意義は大きい。2019/06/06

ふうらいぼう

116
2015年に映画化された作品。毎日新聞の書評欄でもとりあげられました。19歳のテレーズと人妻のキャロル。1950年代のニューヨークの女性同士の恋愛を描いた本。どんな事があっても前向きに道を切り開く主人公たち。やはり女たちは強い。登場人物の心理が細かく描かれていて読んでる自分が恋愛の渦中にいるような気分になった。また再読したい。2017/01/20

びす男

74
映画見たなと、ラストシーンで思い出す。抱き合った瞬間の、天国もかすむほどの喜び。愛し合うほどに、失うもの――。女性同士の恋愛だが、そこに見えるのは普遍的な人間の姿である■「ロミオとジュリエット」で両家の確執が二人を隔てたのと同様、キャロルとテレーズの間には「世間」が立ちはだかる。何かを越え、手放さなければいけないという葛藤は男女間のそれと変わらない■女性同士の恋を初めて真面目に扱った作品だと、解説は言う。男の読者も切なくなり、そして祝福したくなるのは、テーマの独自性に依存していない小説だったからだろう。2019/10/10

りつこ

67
驚いた。ハイスミス=イヤミスの女王というイメージを見事に覆す作品。私、今までハイスミスの小説をちゃんと読めていなかったのかも。すまない…。そんな気持ちにさせられるほど、ここには恋愛が、普遍的な人間の感情の動きがリアルに描かれている。キャロルの輝くほどの美しさや誇り高さと、主人公テレーズの若さ故の無防備さと残酷さの対比も素晴らしいが、ダニーやアビー等の脇役たちの魅力もあって、物語に深みを与えている。素晴らしい。他の作品も読みたいし今まで読んできた作品も読み直したい。2016/03/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10028289

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。