山と溪谷社<br> ヤマケイ新書 「いい猫だね」 - 僕が日本と世界で出会った50匹の猫たち

個数:1
紙書籍版価格 ¥990
  • Kinoppy
  • Reader

山と溪谷社
ヤマケイ新書 「いい猫だね」 - 僕が日本と世界で出会った50匹の猫たち

  • 著者名:岩合光昭
  • 価格 ¥792(本体¥720)
  • 山と溪谷社(2016/01発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784635510134

ファイル: /

内容説明

岩合光昭さんが旅先で出会った忘れられない猫50匹について語るフォト&エッセイ。

アフリカ、ガラパゴス、オーストラリアなど、世界中をフィールドに活躍する動物写真の第一人者、岩合光昭さんの人生にはネコが大きな存在を占めています。

ともに暮らした最初のネコから、旅先で出会ったネコまで、
岩合光昭さんがいままでに出会った忘れられないネコたちについて語ります。

背景にある物語を知ることで、一枚の写真の世界がより深くなる。岩合ファン必読の1冊。

岩合さんのソフトボイス「いい猫(こ)だね~」を脳内で再生しながらお楽しみください!。

内容:
記憶のネコ
ふるさとのネコ
一瞬の出会い
ご主人思いのネコ
相棒とネコ
ジャンプ!
王様たち
街のネコ
海辺のネコ
古都のネコ
母と子
あとがき

※岩合さんが半世紀近い年月をかけて出会ってきた猫たちの姿。
そのなかでも特に忘れられない猫たちの思い出が厳選されています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

72
可愛いです。見たことがあるにゃんこたちのベストショットをまとめたって感じでしたが何度でも見たくなります。岩合さんが撮影する時よくにゃんこたちに向かって「いい子だね~」と呼び掛けていて、にゃんこたちがなぜか岩合さんは警戒せずに懐いたり触れたりする。あれがとても不思議で私も野良ちゃんに出会うと「いい子だね~」と真似しています。2016/05/15

ひらちゃん

66
優しく猫に問いかけながら岩合さんはカメラを向けるのでしょうね。この子は外せないなぁとか収まりきらないなぁとか選んでる様子が浮かんできます。母猫の強さ、その土地や人と共に佇む猫が美しい。うちの猫が黒だからでしょうか。モン族のシンデレラが綺麗で何度も手を止めてしまいました。(笑)2017/05/05

藤森かつき(Katsuki Fujimori)

65
岩合さんが忘れ得ぬ、というだけあって、一癖も二癖もあるような素敵な猫たち。日本の猫から世界の猫まで50匹。フランスはパリのガジェットちゃんが好み。うちに居たコに、ちょっと似てる。空中に浮かぶ羽根を広げた鳩と白猫のショットはなかなか見事! ベルギーの母猫オルガと子猫もいいなぁ。黒猫っぽい長毛にはかなり憧れちゃう。日本の猫では、岩合さんの娘さんの白猫にゃんきっちゃんの嫌そうな表情がとっても好い。茶畑のミーちゃんの不機嫌そうな顔もとっても好きだわ。沢山の猫の写真と、猫への愛情あふれるエピソードに癒やされました。2020/02/07

みどどどーーーん(みどり虫)

57
岩合さんが撮る写真が好きなので、見覚えのある猫も多数。それぞれの猫に対するコメントは、岩合さんの温かく優しい声が聞こえてきそうです。大事な仔猫を見せてくれる親猫の表情とか、もう胸がきゅーっとしてしまうような素敵な写真。みんなみんなかわいい、いい猫だなぁ。2016/04/03

青葉麒麟

51
岩合さんのニャン写真集。岩合さんの実家の話もちらほら出て来てニャンと結び付きが強い人なんだなと実感。お父さんもカメラマンだったとは。カメラを向けるとわざわざ近付いて来るニャンもいたりと人間に負けず劣らずの個性派揃いで楽しい。おまけに可愛い子ばかりだし。ジャンプした瞬間をぶれなくファインダーに納めてて流石プロだわ。2016/02/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9857253

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。