スターツ出版文庫<br> 僕は何度でも、きみに初めての恋をする。

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

スターツ出版文庫
僕は何度でも、きみに初めての恋をする。

  • 著者名:沖田円
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • スターツ出版(2016/01発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784813700432

ファイル: /

内容説明

両親の不仲に悩む高1女子のセイは、ある日、カメラを構えた少年ハナに写真を撮られる。優しく不思議な雰囲気のハナに惹かれ、以来セイは毎日のように会いに行くが、実は彼の記憶が1日しかもたないことを知る――。それぞれが抱える痛みや苦しみを分かち合っていくふたり。しかし、逃れられない過酷な現実が待ち受けていて…。優しさに満ち溢れたストーリーに涙が止まらない!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Mami Endo【GLAYとB'zが大好き】

199
どっちが辛いんでしょうね。本当は両想いなのに、いかんせん相手の記憶には残ってないですし。そりゃあ、ずっとずっと覚えていて欲しいです。ひょっとしたら、自分自身の記憶で誰かを悲しませることも辛いですし。何度も初対面のドキドキをひたすら繰り返して…。それはそれで悲しいけど、とても綺麗な二人だけの世界ですし。ありきたりだけど、ひたすらに汚れのない世界観が良かったです。もっと私自身が若かったら楽しめたかしら。きっと相手の重荷になりたくないから、いっそのこと記憶が確かなまま、そのままなかったことにしたいですし。2016/02/20

菅原孝標女@ナイスありがとうございます

168
10代には刺さるんだろうなこの手の作品……と遠い目で見てしまうのも20代に突入してしまったからだろうか。綺麗な物語だなぁ、という感想、だけ。あとどうしても最後まで主役2人の名前に違和感がありました。2019/08/31

おしゃべりメガネ

158
【レビュアー大賞】課題図書作品で初読みの作家さんです。自分が10代、20代ならとても感動して、ココロ揺さぶられて、おそらく涙が止まらなかったであろう作品でした。さすがに40のオッサンが読むにはあまりにもピュアすぎて・・・。作風的には有川浩さんのベタ甘なテイストをふんだんにとりいれ、「君スイ」で話題の住野よるさんのどこか哀しげな雰囲気を上手にブレンドした感じです。当然、両者の作品が好きな方は超ど真ん中のどストライクでしょうね。タイトルがこんなにも作品にピッタリな作品は、あまりお目にかかれないかもしれません。2016/08/06

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

156
記憶が一日しか持たない少年には『いま』だけがあって、彼の目に映る世界はいつも美しかった。両親の不和に悩む少女は不安と悲しみに押しつぶされそうになっていて、彼女にとって世界は醜く荒んだ場所だった。だから、彼の言葉が、眼差しが、彼女には眩しかった。運命的な出逢いって、時にはあっけないほど唐突に訪れるものなのかも知れない。一日一日を大切に生きる覚悟と澄んだ瞳があれば、特別な『誰か』を見逃すことはない。頑なになってしまった心が柔らかく溶けて、恋が始まる。何度でも。過去も未来もなく、いまだけを生きる恋人たちの物語。2016/08/16

た〜

145
悪くはないけれど、期待したほどではないかな。テーマの割に全体に軽め。タイトルに反し「なんどでも初めての恋をする」側の心理描写があまり見られないのが残念。2016/04/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10153000

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。