徳間文庫カレッジ<br> 大学生からの「取材学」 他人とつながるコミュニケーション力の育て方

個数:1
紙書籍版価格 ¥913
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

徳間文庫カレッジ
大学生からの「取材学」 他人とつながるコミュニケーション力の育て方

  • 著者名:藤井誠二【著】
  • 価格 ¥913(本体¥830)
  • 徳間書店(2015/12発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784199070464

ファイル: /

内容説明

職種を問わず、仕事の多くは、人とコミュニケーションする力――とりわけ、人からなにかを聴き出す力が求められるもの。社会学者の宮台真司氏、ドキュメンタリー作家の森達也氏、精神科医の名越康文氏らの“特別授業”も収録した、子どもから大人まで、誰でも使える“人と人とを架橋するスキル”がここにある。有名大学の超人気講座を完全にオープン、「取材」のセオリーを学べる必読の書。教科書を捨てて取材に出よう! 【本書が教える「取材学」】●相手の話にピリオドを打たない ●反対意見を聴き出す知的好奇心を持つ●「聴いてほしいオーラ」を見逃さない●相手の言いたいことは予定調和の外にある ●「間」というコミュニケーションを活かす ●「おいしいもの」は「万能メディア」である ほか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

すうさん

0
「殺された側の論理」「光市母子殺害事件」「死刑のある国ニッポン」「罪と罰」「少年A被害者遺族の慟哭」そして本書。合計6冊目。私の興味のあるテーマに沿った本を書いているが、本書は藤井誠二さんが、ジャーナリストとしての「取材の仕方」「取材の姿勢」を大学の講師として語った、「取材学」の本。そこに書かれている彼の考え方があって、私がなぜ前述の著書に惹かれてきたのかよく理解できた。つまりは目の前の出来事をどう見るのか、眼前の世界をどう捉えるのかが書かれている。「結論を伝える事」が世界を表現することではないと思った。2016/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10125373

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。