幻冬舎新書<br> 必ず書ける「3つが基本」の文章術

個数:1
紙書籍版価格 ¥858
  • Kinoppy
  • Reader

幻冬舎新書
必ず書ける「3つが基本」の文章術

  • 著者名:近藤勝重【著】
  • 価格 ¥815(本体¥741)
  • 幻冬舎(2015/12発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784344983984

ファイル: /

内容説明

10万部突破のベストセラー
『書くことが思いつかない人のための文章教室』著者が新たにおくる、
一流の文章が書けるコツ

文章を書くのは苦手ですか?
簡単に書くコツは「3つ」を意識すること。
これだけで小論文や仕事の報告書、ブログ記事などどんな文章も短時間で、しかも他人が唸る内容に仕上げることができます。
大きくは1何を書くか 2どう書くか 3どう構成するか――の「3つ」のもとで「1遠景を描く 2近景を描く 3心模様を描く」「1体験 2そこから気づいたこと 3普遍性をもたせる」「1有りや 2無しや 3その答え」「1頭の理解 2心の納得 3自己表現」「1情景 2語らい 3共感」など、書く内容に応じて本書では今すぐ役立つ「3つ」を伝授。
長年新聞、雑誌上で健筆を振るってきた名コラムニストが自らのメソッドを明かした、文章術の決定版!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

gonta19

103
2015/11/29 紀伊國屋書店神戸店にて購入。 2017/1/23〜1/25 TBSラジオの荒川強啓デイキャッチで知った近藤勝重さんの文章術。なかなか実践が難しい文章読本が多い中、ポイントを3つに絞った説明は非常に明快。これから小論文の試験などを受ける受験生にもぴったりではないか。単なる大阪弁をしゃべる気の良いおっちゃんだと思っていたが、なかなかどうしてやり手でしたなぁ。まあ、毎日新聞でお偉くなられてる人なので、当たり前っちゃあ当たり前だが。これも、最後に書かれているように大阪弁の良いところかもしれ2017/01/25

赤星琢哉

27
様々な文章術を全て3ステップで簡単に解説してくれる本書。著者がお薦めする、他の著者(村上春樹さんなど)のフレーズ・文章を多数引用しながらの解説は面白い。ブログ、Twitter、Facebookなど、誰もが文章を書き、発信できる現在。巷には文字が溢れている。しかし、そのどれ位が、有意義に伝わっているのか。もしその伝わる量が少しでも増えれば、人々の共感総数が増え、それはそのまま、幸せな社会に繋がるのでは、と思ったり思わなかったり。とても勉強になりました。2017/03/01

リキヨシオ

27
「必ずあなたに幸運が~!」や「億万長者になれる!」とうたうブレスレット等にはウンともスンとも動かないのに、何故か「必ず書ける!」や「~になれる!」という題名の書籍にはそそられます!そんな甘い蜜に誘われる感覚で読みました。うん!当たり前の事だけど、読んだだけでは駄目なのです。内容にある事を実行して日常的に実践する必要があるのです。大切なのは「3つの基本」で、1・何を書くか、2・どう書くか、3・どう構成するか、そして3項目ごとにおいても、さらに細かい3項目があります。個人的には日頃の比喩トレは常に実行します。2016/02/18

こういち

18
相手に自分の思いを伝えることの難しさを日々痛感する。ましてや、それを文字に置き換えるや、ついつい着飾ってしまう。それではダメなんですね。文章全体を引き立てるには「削る」作業が必要なのかと、思わず目から鱗、いや逆むけに冷水が染み入りました。いつも基調は小論文なので、斯様な文章読本は初読み。表現の奥深さに触れながら、論法の習得と自意識改善にまで至り、三段論法さながらの〝一石三鳥〟。これで少しは人として裾野が広がったら最高だ。2015/11/28

KJ

15
期待してたほどではなかった。内容が良くないというよりも、ある程度は書ける人向けかな。参考になったのは「骨格メモ」と「比較対象語法」。いろんな著名人の文章が紹介されてるが、小林秀雄・村上春樹の言葉はただただ唸るしかない。著者の言葉「寝る子は育つ、書く子はもっと育つ」これも、うまいね。2016/04/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10022638

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。