ブルーバックス<br> 生命のセントラルドグマ RNAがおりなす分子生物学の中心教義

個数:1
紙書籍版価格 ¥946
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ブルーバックス
生命のセントラルドグマ RNAがおりなす分子生物学の中心教義

  • 著者名:武村政春【著】
  • 価格 ¥946(本体¥860)
  • 講談社(2015/11発売)
  • 【Kinoppy】講談社 冬の現代新書・ブルーバックス祭り ポイント増量!(~1/21),寒さに負けるな!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~1/17)
  • ポイント 400pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

2006年ノーベル賞W受賞(生理学医学賞+化学賞)テーマ。RNA(セントラルドグマの主役)をわかりやすく解説! 「遺伝子からタンパク質が作られる」という中心教義の深奥にせまる! 私たちが生きているのは、遺伝子からつねにタンパク質が作られ続けているから。このとき、DNAの遺伝情報は、いったんRNAという物質にコピーされタンパク質に翻訳される。この流れが「分子生物学のセントラルドグマ」といわれるものだ。その主役はRNA。多彩なしくみでなりたつセントラルドグマの世界を、RNAを中心にわかりやすく解説する。(ブルーバックス・2007年2月刊)

目次

はじめに
第一章 転写 ~DNAからmRNAへ~
第二章 編集 ~コピー分子が受ける試練~
第三章 翻訳 ~mRNAからタンパク質へ~
第四章 セントラルドグマの周辺
おわりに
参考図書