ブルーバックス<br> ゲノムサイエンス ゲノム解読から生命システムの解明へ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,034
  • Kinoppy
  • Reader

ブルーバックス
ゲノムサイエンス ゲノム解読から生命システムの解明へ

  • 著者名:榊佳之【著】
  • 価格 ¥1,034(本体¥940)
  • 講談社(2015/11発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062575546

ファイル: /

内容説明

ポストシーケンス時代のゲノム科学。ヒトゲノムの完全解読に成功したゲノム科学は、生命システムの解明という壮大な目標を掲げて新たなるステージに進みつつある。ゲノム解読によって、何がわかり、どんな課題が残されたのか? 日本のゲノム研究を牽引してきた第一人者がヒトゲノム計画を総括するとともに、1000ドルゲノムプロジェクト、メタゲノム解析などの、新しいゲノム科学の未来を展望する。(ブルーバックス・2007年5月刊)

目次

はじめに
第一部 二重らせんからヒトゲノム完全解読まで
第一章 ゲノムサイエンスの夜明け
第二章 ヒトゲノム計画始動する
第三章 そして、ヒトゲノム完全解読へ
第四章 浮かび上がってきたヒトゲノムの姿
第二部 ポストシーケンスの時代
第五章 疾患遺伝子を追いつめる
第六章 転写制御の秘密に迫る
第七章 ヒトの進化をたどる
第八章 ヒトゲノムを超えて
参考図書

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

24
#説明歌 ヒトゲノム疾患転写サル比較セントラルドグマSNP数2017/08/06

yori

3
★★★★★ 日本のヒトゲノム解読プロジェクトを牽引してた著者。当時の各国間やベンダーとのやりとりなどスピード感、緊張感が伝わってくる。ゲノムサイエンスとは扱うものが大きすぎて、何だか未だに途方もない気がしてしまう。あ、自分の遺伝子検査にはとても興味あります。病気のなりやすさや体質、性格的要素など知っておきたい。2014/10/20

つる

2
ヒトゲノム解読プロジェクトに関わっていた榊佳之さんの著書。1953年のワトソン、クリックのDNAの二重らせん構造の発見からヒトゲノム解読、ポストシーケンス時代の学問や研究についてざっくり書いてあり全体像の把握に役立った。こういう概説書の類を読んでいると著書の専門分野の違いで詳述される部分が変わってくるので何冊も読んでいると楽しい。ただ、記述内容の把握にはもう少し専門書も読む必要があると感じた。特に気になったのは転写制御システムの部分。もう少し詳しく勉強してみたくなった。2014/06/26

phmchb

0
『アレルギーはなぜ起こるのか』の次に読み終わりました。

がま

0
今年は、ワトソンとクリックが二重らせんを発見してから60年、ヒトゲノム解読から10年を迎える年である。著者である榊佳之は、ヒトゲノム計画にも参加した科学者であり、本書では自身の研究者人生と絡めながら、60年あまりのゲノムサイエンスの発展ついて書かれている。ヒトゲノム計画における営利企業と非営利の国際チームとの対立や、諸国の振る舞いを見ると、もはや科学も政治・経済とは無関係ではいられないということを、改めて感じさせられる。2013/06/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/646115

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。