ブルーバックス<br> 音のなんでも実験室 遊んでわかる音のしくみ

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

ブルーバックス
音のなんでも実験室 遊んでわかる音のしくみ

  • 著者名:吉澤純夫【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 特価 ¥440(本体¥400)
  • 講談社(2015/11発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

自分の声と、録音した声がちがって聞こえるのはなぜ? 30メートル離れているところのヒソヒソ話が耳元で聞こえる!? 何気なく聞いている音や声も音のしくみがわかると楽しく聞こえてきます。音にまつわるさまざまな現象を自分の手で作り出し、波形を調べながら自然に理解できるおもしろ実験満載です。(ブルーバックス・2006年6月刊)

目次

まえがき
第1編 作って楽しむ音の第1実験室
I 振動が音を作る
II 高い音・低い音
III 共振・共鳴
IV おもしろ実験
第2編 調べて楽しむ音の第2実験室
参考図書・参考資料
補足
さくいん