集英社新書<br> 愛国と憂国と売国

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

集英社新書
愛国と憂国と売国

  • 著者名:鈴木邦男【著】
  • 価格 ¥693(本体¥630)
  • 集英社(2015/11発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087206173

ファイル: /

内容説明

山紫水明、天壌無窮の祖国が、原発事故によって穢された。この未曾有の国難に、われわれが闘うべき、本当の敵は誰か――? 被災地を救った天皇陛下のお言葉と自衛隊のこと、脱原発デモと街宣車、故郷・東北への想い、右翼人の目覚め、憲法改正問題、左右両派の傑人との親交、三島由紀夫が問い続けるもの…など、かつて行動派、今は理論派右翼として半世紀近くにわたって日本を見つめてきた著者が、日本人に伝えたい想いのすべてを綴る。【目次】序章/第一章 右翼人の憲法論/第二章 右翼人の作られ方/第三章 右翼人の生活と意見/第四章 私が出会った素晴しい人々/第五章 右翼人と左翼人/第六章 右翼人にとっての三島由紀夫/あとがき

目次

序章
第一章 右翼人の憲法論
第二章 右翼人の作られ方
第三章 右翼人の生活と意見
第四章 私が出会った素晴しい人々
第五章 右翼人と左翼人
第六章 右翼人にとっての三島由紀夫
あとがき

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

zero1

51
右翼団体にいた著者だが、発言は実にリベラル(後述)。日の丸と君が代強制を反対しているのも彼の特徴。原発推進にも疑問を投げかけている。憲法論議でも【「自由のない自主憲法」より「自由のある”押しつけ憲法”」を選択したい】と述べる。鈴木が若い頃、井上ひさし宅に嫌がらせ電話して逆に撃退された話(後述)は笑える。今の大学生には馴染みがない赤尾敏や野村秋介の名も出てくる。右翼活動を【UFO研究会】と発言して野村に怒られた話が興味深い。右翼としては異端だが、鈴木の発言は支持に値する。今後の活躍に期待したい。軽い新書。2020/01/16

keiトモニ

24
“堕落したもんだな…と、かつてのテロリスト志願の青年に叱られた”とありますが、年を取ったんですよ。左翼もですが。“こんな風に考えている私は、無政府主義者になったのかようだ、大杉栄の様に”…それ程大物とも思えませんが、若気の至りなどと仰っていますから、お宅はもう終わったのかな?新発田ででも田んぼしてください。支離滅裂とまでは言いませんが、郷愁にかきたてられ酔っているようで一本筋の通ったところがどうも感じられません。ポストに産経が入っていると恥ずかしいらしいが、今は産経が一番常識的で朝日があるのが恥ずかしい。2015/06/16

犬養三千代

7
鈴木さんの交友録と青春時代と三島由起夫。 阿部勉の鈴木さん評価。 「誠実だか誠意はない。」なぜって聞いておけば良かった、、とのこと。 今の鈴木さんの立ち位置は素敵だ。 融通無下。長生きして欲しい論客。2017/09/13

岩井 靖

4
今から25年くらい前この著者・鈴木邦男氏の読書術みたいなものがあって「全集全部読み」などを実践してみたことがあります。そんな読書経験が今専門学校の講師をやるうえでかなり役立っています。鈴木さんありがとうございます! そのころ地下鉄のどこかの駅で著者をお見かけしたことがあったのですが、やはり一心不乱に読書していました。その本が「スターリン・その秘められた生涯」だったと思います。家に帰って読んでみましたよ。とんでもない人でした・・・スターリンがですよ!2012/02/24

3
テレビで拝見するとボソボソ喋る温和しい方という印象だが、昔は相当過激だった。 文章が面白いので、笑ったり驚いたり!一気読みだった。鈴木さんの人柄が良く分かった。2019/07/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4337813

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。