ハーレクイン<br> クリスマス・ストーリー2009 四つの愛の物語

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,340
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン
クリスマス・ストーリー2009 四つの愛の物語

  • ISBN:9784596808271

ファイル: /

内容説明

◆『指輪はイブの日に』― トニー・ダンゼッタは高校時代の友人の訃報を知り、急遽故郷に戻った。友人はミリセント・エバンズという悪女のせいで、自殺に追い込まれたという。猛烈な怒りに駆られたトニーは、弔問に現れたミリセントを罵倒し、憤怒の形相で詰め寄った。とたんに彼女の顔は青ざめ……。

◆『王子様と聖夜を』― クリスマスイブの前夜、フェリシアは十年前に別れたきりだったギデオンと思いがけない再会を果たした。二人は高校時代、学校の演劇公演でロミオとジュリエットを演じ、実生活でも恋人同士だったのだ。クリスマスの休暇を一緒に過ごすうち、二人の胸に昔の恋がよみがえる。

◆『魅惑の舞踏会』― 貴族の令嬢ローワンは、友人ペネラピが気の進まぬ結婚を強制されて悩んでいることを知った。その縁談は、相手の伯爵と共に招待された大邸宅でクリスマス休暇を過ごしている間にまとまることになっている。ローワンは友人の衣装係になりすまし、縁談をこわそうとするが……

◆『忘れえぬクリスマス』― 今日はクリスマスイブ。海軍に勤務するレン・ドーバーはボストンへ向かう列車を待っていた。彼は固い決意を胸に、家族が、そして恋人エイミーが待つ故郷へ帰る途中だ。雪のせいで遅れていた列車がようやく到着し、彼は安堵したものの、今度は脱線事故に巻きこまれてしまう。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くろうさぎ

1
「王子様と聖夜を」再会ものでかわいらしかった。「魅惑の舞踏会」最初は誰がヒーローになるのかな・・?と思ってたけど、、こっちも友人思いのヒーローとヒロインでよかった。2010/11/07

ととめ

0
お話が四つ。①虚言壁があると知っているのに、ストーカー野郎の発言を丸々信じちゃう阿保ヒーロー。あんだけ嫌な目にあってもヒーロー一筋な地味ヒロインが不憫。もっと懲らしめてやれば良かったのに。②ヒーローがロマンチスト。③伯爵令嬢ヒロインが友達の為に使用人に扮して頑張った。仕事で苦労するたびに、自分の衣装係に感謝する所が可愛い。②クリスマスらしい、心温まる良いお話だった。2016/03/31

早川珠生

0
Dパーマーとマッコーマー目当てで読んだが4作品とも可愛らしい話だった 指輪はイブの日に はテキサスの恋シリーズに出ていたトニーがヒーロー 自分のヒロインの前に立つとヒーローがとんでもなくお間抜けになるよね… 王子様と聖夜を 優しい話でこちらもニヤリとした 魅惑の舞踏会 テンポが良くて最後まで一気に読んだ 忘れえぬクリスマス 沢山の登場人物が出ているのに各々の背景が丁寧に織り込まれていてスゴい!祷りと慈悲と優しさに満ちていてまさにクリスマスの話だった2012/06/23

こえん

0
1話目D・パーマーの「指輪はイブの日に」と4話目D・マッコーマー「忘れえぬクリスマス」はともに作家の特色が良く出てると思った。特に「忘れえぬ~」は、あの長さにあんなに登場人物を出してまとまってるのが不思議なくらい。2・3話は可もなく不可もないというカンジだった。2010/02/07

Mari

0
★★★☆2010/01/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/270297

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。