SB新書<br> だから医者は薬を飲まない

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

SB新書
だから医者は薬を飲まない

  • 著者名:和田秀樹【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 特価 ¥440(本体¥400)
  • SBクリエイティブ(2015/11発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784797384598

ファイル: /

内容説明

“薬は毒”“処方で金儲け”とか言う以前の大問題だ!
患者には処方しながら、自らは薬を飲まない本当の理由

「薬漬け医療」の裏側で、
患者には薬を出しても、
自分では飲まない医者の存在がある。

これは「薬は毒だから飲まない」
「どうせ医者は処方するだけ儲かるから」
といったことだけで語られがちである。

だが本当は、臨床・研究・教育を司る医学部、
検査基準を作る厚生労働省、
新薬を開発する製薬会社といった
薬漬け医療を生み出す現行の制度、
さらには患者に薬を出さねばという強迫観念といった
医者を取り巻く環境がそうさせているのだ。

一方で、医者は職業がら
患者や老人の死と向き合う機会が多いことから、
「薬を飲んでまで長生きしたくない」
「自分や家族には飲ませたくない」
と内心思っている
薬嫌いの医者も多いのも事実である。

本書は、老人医療に携わり多くの患者の実態を知り、
『医学部の大罪』『だから、これまでの健康・医学常識を疑え!』
などの著作がある著者が、
多くの医者があまり語りたがらない
「薬を飲まない本当の理由」を解き明かすことから
日本の薬漬け医療の実態に迫る最新刊。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっしー

8
★3 医学会にはいろいろな問題があるのがよくわかった。2016/10/25

Humbaba

8
偉い医者だからと言って知識が豊富であるとは限らない。寧ろ、自分で動ける時間が短くなっているために偏った知識しか有していない可能性のほうが高い。誰が言ったのではなくてその内容が正しいのか、エビデンスはどうなっているのか、それらを調査することの方がよほど大切であるし間違いも起こらない。2016/07/21

わたなべ

5
言いたいことは概ね同意だが、所々に私怨が入っているのが非常に残念。医学界にも問題はあるのだろうが完璧な組織なんてないのだから。内容的には、正常値には異常に敏感になる必要はない。それと、一時的な薬なら副作用にもそこまで敏感になる必要はないのこと。2019/02/02

erisuko_dota

5
人間はどうしようもないシステムの中で生きているのだなあ。2016/03/04

Yoshitomo Kurokawa

4
ズバット医療の実態が明かされている本。幸いなことに私は病院や薬とはほとんど縁がない。世の中、効果の少ない薬は多そうだなと思う。半分ぐらいプラシーボ効果なのではないか。検査結果が正常範囲内でなくても、体の症状を信じた方がよさそうだな、と。総合診療のドラマが増えてきた気がするので、もっと薬が減る世の中になりますように。2017/01/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9852169

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。