誰も教えてくれなかった システム企画・提案 実践マニュアル(日経BP Next - ICT選書)

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,970
  • Kinoppy
  • Reader

誰も教えてくれなかった システム企画・提案 実践マニュアル(日経BP Next - ICT選書)

  • ISBN:9784822277338

ファイル: /

内容説明

超上流フェーズの進め方をトップコンサルが手順化

システム構築プロジェクトの最上流であるシステム企画・提案フェーズ。
経営層や利用部門の上位役職者といったステークホルダーのニーズを基に、
システム化の背景・目的を明確化し、課題の解決策、実行計画を立案。
プロジェクトオーナーに提案し承認を得て、後続の要件定義フェーズにつなげます。
本書は、属人的なスキルに頼って行われることが多いシステム企画・提案の方法を、
5つのステップから成る具体的な手順として示します。
さらに、システム企画・提案で一度失敗しやり直して成功する架空事例の小説を通じて、
よくある失敗と実践方法を解説します。

著者略歴
水田 哲郎
株式会社日立コンサルティングシニアディレクター。1964年、東京都生まれ。1990年、株式会社日立製作所入社。要件定義の方法論の開発と、製造業や流通業を中心としたコンサルティング業務に従事。近年は、コンサルティング業務と並行して、ユーザー企業のシステム部門やITベンダーで、要件定義やシステム企画・提案の研修講師を務める。2006年、株式会社日立コンサルティングに転属しディレクターに就任。2008年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

【Part1】 システム企画・提案の意義
【Part2】 システム企画・提案の進め方
【Part3】 システム企画・提案力の強化法
【Part4】 事例で学ぶシステム企画・提案
【Part5】 プレゼンテーションの極意

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

カラクリ

3
最初はとても内容が薄いな、と思いました。全部で5つ章がありますが、システム企画・の進め方について説明してあるのは、たった1章分(2章)だけ。正直買わなければ良かったと後悔しました。 しかし、4章目を読んでその感想は変わりました。小説形式で書かれており、わかりやすいだけでなく、途中で主人公の成果物について「何が悪いか?」「どうすれば良いか」等の問題を挟んでいたので、めちゃくちゃ理解が深まりました。と、同時に、前述の2章の内容を自分が全く理解していなかったんだな、と気づかされました。本書の内容は必ずまとめる。2017/07/01

kei.y

0
システム企画について 企画業務にのみ焦点をあてているのではなく、企画前の提案について述べられていた。 システム化をすすめるにあたっての注意点や資料の作り方、プレゼンの方法やレイアウトなど、参考になる項目が非常に多かった。 これをインプットするだけでなく、アウトプットしていきたい。2020/01/14

アンソニー

0
特に第4章は考えさせるものがあった。 実案件への適用もさることながら、部門への展開も考えねば。2019/08/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8386292

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。