角川新書<br> 成長なき時代のナショナリズム

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader

角川新書
成長なき時代のナショナリズム

  • 著者名:萱野稔人【著者】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • KADOKAWA(2015/10発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784040820477

ファイル: /

内容説明

拡大することを前提につくられてきた近代社会が拡大しない時代に入った21世紀、国家と国民の関係はどうなっていくのか。排外主義や格差の広がりで新たな局面をみせるナショナリズムから考察する。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆうきなかもと

10
「国民主権の考えがナショナリズムそのものであることを理解せずに、外国人排斥の主張だけをナショナリズムと批判しても、理論的にはまったく説得力をもたないのである。」 ヘイトスピーチや嫌韓、嫌中のようなことが起こる背景やそれをどう乗り越えるのかについて主張した本。著者らしく、極めて現実的かつ論理的で、さらにわかりやすい内容。2015/10/29

tolucky1962

9
①排外主義的ナショナリズムの原因が縮小する社会的パイにある:これには納得です。ナショナリズム批判派もこれに気づかないのも確かだし、現政権がパイ拡大時代の政策のままなのも問題。②ナショナリズム批判派の国民主権論者もナショナリズムだ:これには疑問も感じる。学問的定義はそうかもしれない。が、根本に共通点があっても違いもあると思う。ナショナリズムに対するものは世界政府のみでもないのでは?パイ縮小の時代に格差をなくして戦争を回避できるか..ベーシックインカム否定論をここでなぜ強く書いているのかも少し疑問。2015/11/05

hk

6
新しい視座をたくさん得ることが出来る1冊だ。とりわけ特定秘密保護法案を例に挙げて、リベラル派の国民主権を楯にした反体制言論が、ナショナリズムに立脚しているという見解には脱帽である。それ以外にも「一票の格差は地方-中央の所得格差是正の均衡装置」「ベーシックインカムは生産と存在意義の関係を無視したシステム」「カネには困らぬ北欧で極右政党が台頭した訳」「コンクリートからヒトにと団塊の世代の不可分な関係」「ナショナリズムという土俵の上で、国民の範囲をどうとるかがリベラルと保守の分水嶺」など含蓄がてんこ盛りだ。2015/12/25

まゆまゆ

4
今の日本にはびこるナショナリズムは、社会的なパイが減少しながらも負担だけが増え続けているという実感がもたらしているものではないか。また、自分たちが貧しい暮らしをしているのになぜ外国人を……という問題意識がさらにナショナリズムを高揚させている。排外的なナショナリズムではなく、自国のことを本気で考えるナショナリズムに内側から作り替えていく必要性を説く。2015/12/07

よし

3
「いまのナショナリズムの高揚の背景にあるのは…日本社会における「パイの縮小」に対する危機感である」のだから、ナショナリズムが排外主義に陥らないように、内部からつくり変えることが必要である、という主張の本。ナショナリズムをキーワードに従軍慰安婦問題や低成長期における経済政策、安全保障など幅の広い話題が取り上げられていて面白かったです。2015/12/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9875208

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。