ハーレクイン<br> 愛は華麗に II【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,005
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ハーレクイン
愛は華麗に II【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

  • ISBN:9784596815606

ファイル: /

内容説明

『誘惑のモロッコ』(ミランダ・リー著)長い黒髪を革紐で束ねた男が馬を引いて競売場に出てくると、ベスは息をのんだ。すばらしい馬に、強烈な印象の男性だ。馬の買いつけのためにアフリカまで来た彼女は、ふとした偶然からその男性――アザイアの城を訪れることになる。モロッコの王族である彼が女性を城に招くとき、それはベッドへの招待であることなどつゆ知らず。
『恋するアテネ』(ジュリア・ジェイムズ著)冷酷な大富豪の祖父と直談判するため、アンドレアはアテネに来た。豪壮な屋敷に着き、家の中を見てまわる途中、テラスに立つ男性に気づいてアンドレアは息が止まりそうになった。このうえなくハンサムな顔に、なぜか蔑みの表情を浮かべている。彼が、私を卑しい身分の女だと考えているのは間違いない。だが夕食の席で、その男の正体を知ったアンドレアは呆然とした。
*本書に収録されている『恋するアテネ』は、既に配信されている作品と同作品となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MOMO

0
性をナンだと思ってるんだか・・・イスラム系の男性ときたら困ったもんだわ・・・。それにしてもアザイア君ったら、ほんと天邪鬼で意地っ張りなお馬鹿さんなんだからぁ・・・独占欲バリバリで、ベスちゃんにメロメロなくせに、帰るといった彼女を引きとめることも、残って欲しいと言うことさえ出来ないでいるんだからさぁ・・・ラストの展開を考えると、ベスちゃんのほうが潔く、オットコマエなような気がせんでもないな・・・2010/11/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1175278

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。