集英社学芸単行本<br> 子宮頸がんワクチン、副反応と闘う少女とその母たち

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,728
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

集英社学芸単行本
子宮頸がんワクチン、副反応と闘う少女とその母たち

  • 著者名:黒川祥子【著】
  • 価格 ¥1,382(本体¥1,280)
  • 特価 ¥1,105(本体¥1,024)
  • 集英社(2015/10発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

初めて、被害者の少女とその家族の日常に迫った衝撃の書。日本で338万人が打ち、未だ打ち続けている「子宮頸がんワクチン」。それを接種した結果、少女たちに何が起こったのか――。第11回開高健ノンフィクション賞受賞作家が、今まで誰も踏み込まなかった6人の少女たちの日常を取材。想像もできないような、さまざまな症状に脅かされながら健気に闘い続ける娘と、その母の姿を追った。さらに産婦人科医師、治療する医師、厚生労働省などの証言も加え、「子宮頸がんワクチン」問題を多角的に検証。これは決して、「対岸の火事」ではない。

目次

はじめに
第一章 生きないと。死んじゃったら、これをワクチンの被害だと認めていない厚労省というところは、やっぱり心因的だって、とらえるから。
子宮頸がんワクチンとは?
第二章 自分のことにいっぱいいっぱいで、あんまり怒りとか感じたことはないです。ただ、できない自分がつらいです。
証言一 池田としえ(日野市市議会議員・全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会事務局長)
第三章 化学物質と電磁波を浴びると、脱力が起きるんです。力が突然、抜けてしまう。足だったり、手だったり。不随意運動は、音がきっかけで起きることが多いです。
証言二 隈本邦彦(薬害オンブズパースン会議・江戸川大学教授)
第四章 おもいだしても わすれなみがきて またきおくがさらわれる
証言三 西岡久寿樹(東京医科大学医学総合研究所所長)
第五章 日に日に、娘の身体が壊れていくんです。身体にエイリアンが入って、娘をめちゃめちゃにしていく。調子が悪いなんていう、そんなレベルではない。
証言四 小西郁生(日本産科婦人科学会理事長・京都大学大学院教授)
第六章 娘はこうして治ってきているんです。みんな、どうしようって言ってるけど、希望があることを伝えたい。
厚生労働省との質疑応答
おわりに