なぜ、スーツは2着目半額のほうがお店は儲かるのか? 価格で見抜く“高くても売れる - 戦略”“安くても儲かる戦略”

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,512
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

なぜ、スーツは2着目半額のほうがお店は儲かるのか? 価格で見抜く“高くても売れる - 戦略”“安くても儲かる戦略”

  • 著者名:千賀秀信【著】
  • 価格 ¥1,512(本体¥1,400)
  • 特価 ¥756(本体¥700)
  • SBクリエイティブ(2015/09発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

◎生活をしていると不可解な価格というものはいろいろとあるものですが、裏にはその企業の「儲けるため」の戦略があるものです。
本書では身近な例から、価格の設定の背景にある戦略(マーケティングや経営戦略)と「儲けるための会計」を関連させながら紹介していくものです。

◎大塚家具vsニトリ、フェラーリvsワーゲン、家電量販店vs町の電気屋さんなど、その「価格」から、儲けている戦略・ビジネスモデルを会計的に分析し、それぞれの強みや弱みを紹介(ただし数字は損益分岐点など図版で見せる部分が多いです)。文体もやわらかく、読んで「なるほど!」と思う内容になっています。

◎マーケティングや戦略、ビジネスモデルに関心はあるけど、会計はどうも……、という方にもお勧めです!