講談社現代新書<br> 損したくないニッポン人

個数:1
紙書籍版価格
¥880
  • 電子書籍
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

講談社現代新書
損したくないニッポン人

  • 著者名:高橋秀実【著】
  • 価格 ¥825(本体¥750)
  • 特価 ¥412(本体¥375)
  • 講談社(2015/09発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 75pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062883351

ファイル: /

内容説明

「損したくないニッポン人」はなぜこんなに多いのか。妻から「あなたは貧乏じゃなくて、貧乏くさいのよ!」と罵倒されても、ついつい「損したくない」行動に走って、損ばかりしている高橋秀実さん。まじめに「損得」について取材と考察を重ねた結果行き着いた「ニッポン人の新・行動経済学」とは? (講談社現代新書)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やすらぎ

152
今日一番の下値を探してスーパーを歩き回ったり、駐車場代を無料にするために、もう少し買ったり。翌日には更に安くなっており、全く特をした気分にならない。人は損得に振り回されている。…本書はそこから損、特、徳を深く考察する。定価とは不動産価格とは何か。貨幣とはそもそも何か。…損をしたくないと、皆が口癖になっている。損を知り損切りをしなければ、特は生まれない。今が過ぎ去り、何が損だったかと振り返ってみると、その都度感じていたことが、意外と徳であったような気がしてくる。人生は失われていく。しかしそれ以上に得ている。2020/08/30

ねむねむあくび♪

77
「損得勘定は、損得感情」には納得。男は損する体質、には笑ってしまう。ジェンダー論者では無いけれど、日本はとてつもなく男性社会なのに。私たち女性はしなやかに生きてる人のほうが多い気はするが、損得で生きてる人が男性よりも少ないのかもしれない。わざわざ考えた事もないがw。損得を考えるよりも、損得を超えた「徳」や「愛」が、結局のところ大切なのだ。2021/12/09

おかむら

38
高橋さんが話を聞く人(ポイントを効果的にためまくる主婦、エコな暮らしにこだわる主夫、40インチのテレビを勧める店員などなど)はとても面白いのだけど、高橋さんの考察の部分が、この人の持ち味なんだけど、やや読むのが億劫になっちゃう部分があったなー。2016/03/31

おいしゃん

31
軽妙な髙橋節炸裂の、損得にまつわるエッセイ集。絶妙に経済学が混ぜられているのが、また普通のエッセイとはひと味違う。2019/05/11

あんこ

18
スパゲティの底値を調べるべく、地元のスーパーを巡る高橋さん。駐車場代を無料にするため欲しくもないものを買い足し、挙句時間超過で有料に。あるある!とケラケラ笑いながら読んでたのに、不動産、貨幣、経済とどんどん話は拡大し、最後の最後でホロリときた。2016/06/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9847167
  • ご注意事項