NHK出版新書<br> 「絶筆」で人間を読む 画家は最後に何を描いたか

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,210
  • Kinoppy
  • Reader

NHK出版新書
「絶筆」で人間を読む 画家は最後に何を描いたか

  • 著者名:中野京子
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • NHK出版(2015/09発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784140884690

ファイル: /

内容説明

あの有名な画家――その最後の作品を知っていますか?
ルネサンス、バロック、印象派……もう、そんな西洋絵画の解説は聞き飽きた。知りたいのは「画家は、何を描いてきたか」、そして「最後に何を描いたか」。彼らにとって、絵を描くことは目的だったのか、それとも手段だったのか―。ボッティチェリからゴヤ、ゴッホまで、15人の画家の「絶筆」の謎に迫る。
*電子版では、絵画はすべてカラーで収載しております。

目次

第1部 画家と神──宗教・神話を描く
 I ボッティチェリ『誹謗』──官能を呼び起こせし者は、消し去り方も知る
 II ラファエロ『キリストの変容』──バロックを先取りして向かった先
 III ティツィアーノ『ピエタ』──「幸せな画家」は老衰を知らず
 IV エル・グレコ『ラオコーン』──新しすぎた「あのギリシャ人」
 V ルーベンス『無題』──「画家の王」が到達した世界
第2部 画家と王──宮廷を描く
 I ベラスケス『青いドレスのマルガリータ』──運命を映し出すリアリズム
 II ヴァン・ダイク『ウィレム二世とメアリ・ヘンリエッタ』──実物よりも美しく
 III ゴヤ『俺はまだ学ぶぞ』──俗欲を求め、心の闇を見る
 IV ダヴィッド『ヴィーナスに武器を解かれた軍神マルス』──英雄なくして絵は描けず
 V ヴィジェ=ルブラン『婦人の肖像』──天寿を全うした「アントワネットの画家」
第3部 画家と民──市民社会を描く
 I ブリューゲル『処刑台の上のかささぎ』──描かれたもの以上の真実
 II フェルメール『ヴァージナルの前に座る女』──その画家、最後までミステリアス
ほか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佳音

82
最後の作品には、画家の「生き方そのもの」が表れる。そこに焦点をあてた本書は、大変興味深く面白かった。特に私は、ゴヤの生き方と「絶筆」が印象に残った。野心家のゴヤは鼻持ちならない慢心した首席宮廷画家だったが、病をえて聴覚を失うと反骨精神が内よりもたげ、「中心主題への深化」が進み、己の眼だけに写る現実を描写し始める。宮廷に媚びへつらいつつ宗教批判や王室批判を描くのだ。反骨精神と、顧客を満足させ異端裁判さえ回避する政治力を持ち合わせるという複雑な矛盾を抱えた芸術家の生き様は、反骨の絵師国芳とも重なる。2016/03/07

yumiko

68
年末に出会えた素晴らしい一冊。この面白さは先ず企画の勝利!画家の最盛期の作品を目にする機会は多いけれど、それを絶筆と比較することで、その人と生涯、時代の流れがこれほどくっきりと浮かび上がるとは。30作品全てがカラーで、詳細な解説付きなのも嬉しい。印象派以降の絵画と違い、それ以前のものはある程度の知識がないと理解が追いつかないものも多い。良い導きと共に鑑賞することで、より深く楽しむことができるのだ。ただ「怖い絵」のように鑑賞の窓口となる一冊ではなく、慣れた方向けのようにも思う。絵画好きの方には是非お勧め!2015/12/20

rico

62
集大成、ぬけがら、夭折により閉ざされてしまった新境地への扉。最後の1枚=「絶筆」から読み解く画家たちの人生と作品。代表作との対比が、彼らの生涯と追いかけてきたものの到達点をより鮮やかに浮かび上がらせます。狂気をはらむゴッホの麦畑や、ゴヤの鬼気迫る自画像の凄まじさ。ルーベンスの穏やかな風景画と、ティッツィアーノ最晩年のドラマティックなピエタの対比。かつての輝きを失ってしまったボッティチェリにフェルメール。興味は尽きません。美術館ロスの中、ひととき画家たちの息吹を感じることができた一冊でした。2020/03/22

キムチ27

60
今回も外れなく、絵画の裏面を語ってくれました。現代に見る画家とは大きく異なるその有り様…職人、外交官、工房経営者等。そこにも至れぬ困窮に病に喘いだ者。そして絵に課せられることも様々…プロパガンダだけに終わっていない。絵に秘められた生臭さの森羅万象の一部が15人を俎板に乗せる工程で明らかにされていく。面白くてサクサク読み。新書版ながら図版の質や量も適度にある。何れ劣らぬエピソードだがラスト、ゴッホで留めを刺した。幸福の黄色から不吉の黄色。「カラスのとぶ…」は初めて目にした。命が瞬時に散る宿命を見せた絵だ…2015/10/25

tama

56
図書館本 予約したら殆ど待たずに来た。中野シリーズ。「人間を読む」は初読。絵を見る眼力と時代背景の知識を併せ持つとこういう見方ができる、という見事なお手本。表紙絵は晩鐘のミレーで、この絵は初見。何の絵か知るとぎょっとするわ。絵が年とともに強力に変化したのはゴヤなんだねぇ。絶筆の絵もその言葉も初めて知ったけど、ワタクシ平伏します!尊敬します!頑張ります!ゴヤの章を読むだけでもこの本に触れる価値あった。2015/11/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9859161

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。