集英社新書<br> 日本は世界一の「医療被曝」大国

個数:1
紙書籍版価格 ¥777
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

集英社新書
日本は世界一の「医療被曝」大国

  • 著者名:近藤誠【著】
  • 価格 ¥702(本体¥650)
  • 集英社(2015/09発売)
  • 勤労感謝の日 Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~11/26)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

日本は一定人口当たりの放射線検査件数が他国に比べても突出して多い。実際に、放射線検査の代表格であるCTの人口100万人当たりの設置台数は圧倒的に世界一であり、イギリスの調査によれば、エックス線検査による発がんリスクの推定値も世界一と言われている。健康な人が、病気を早期発見するために受ける医療行為によって、かえって発がんリスクを高めているという皮肉な事実――。しかも医療被曝には、原発作業員のような年間の被曝線量限度は設けられておらず、被曝線量は青天井となっている。これまで「がん治療」に警告を発してきた著者が、専門である放射線科の知識を駆使し、医療被曝の闇を暴く!【目次】はじめに/第一章 世界一の医療被曝大国、日本/第二章 低線量被曝の危険性/第三章 大人より深刻な子どもの被曝/第四章 放射線検査の種類/第五章 自分の被曝線量を知るには/第六章 無用な被曝を避けるために/第七章 日本で医療被曝が横行する理由/第八章 医療被曝の今後/おわりに/【資料】小児CTガイドライン―被ばく低減のために―

目次

はじめに
第一章 世界一の医療被曝大国、日本
第二章 低線量被曝の危険性
第三章 大人より深刻な子どもの被曝
第四章 放射線検査の種類
第五章 自分の被曝線量を知るには
第六章 無用な被曝を避けるために
第七章 日本で医療被曝が横行する理由
第八章 医療被曝の今後
おわりに
【資料】小児CTガイドライン―被ばく低減のために―