中経の文庫<br> 『ジョーカー・ゲーム』の謎

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

中経の文庫
『ジョーカー・ゲーム』の謎

  • 著者名:KADOKAWA【編】/柳広司【企画協力】
  • 価格 ¥715(本体¥650)
  • KADOKAWA(2015/09発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784046003867

ファイル: /

内容説明

ファン必携! 2015年1月31日映画公開のベストセラー『ジョーカー・ゲーム』が10倍楽しめる! 作者柳広司氏インタビューに加え、作品解説やスパイの歴史など満載の内容で送る公式副読本!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海猫

93
映画の監督と作者のインタビューは興味深かったがコラム書いてる面子がアレだし本で持ってる007の短編が載っててもなー、ということで。まあ小説読むきっかけにはなったか?2015/01/29

ゆかーん

59
『ジョーカーゲーム』の謎を深めるというよりか、D機関の世界観を堪能できる一冊。陸軍中野学校の生徒たちの活躍を知ると同時に、世界には有名なスパイが沢山いることを知りました。しかしながら、有能なスパイというのは、世間に名前が知られてはいけません…。つまり今回、名前が紹介されてしまったスパイは、二流三流ということらしいです(笑)本書は、映画の裏話から柳さんのインタビューなど、幅広いジョーカーゲームの知識を得られ、さらに柳さん推薦の小説も読める全体的にお得な一冊となっていました。2016/08/22

アッシュ姉

58
『ジョーカー・ゲーム』を完全解剖!と紹介されていたので、正直ちょっと期待外れでした。つまらなくはないけど、公式副読本としては物足りない内容。柳広司さんのインタビューと、陸軍中野学校の話は面白かった。007シリーズの短編「薔薇と拳銃」も掲載されてましたが、やっぱりボンドはチャラくて好きじゃない。結城中佐の方が断然クールでカッコいいわ。2015/05/07

緋莢

19
4作刊行され、累計100万部を超える人気シリーズである「ジョーカー・ゲーム」。“魔王”の異名を持つ結城中佐が設立した異能集団「D機関」、その精鋭たちが活躍したエピソードの概略や、「D機関」のモデルとなった「陸軍中野学校」や実在のスパイのエピソード、さらには著者や監督のインタビューを収録した公式副読本。2015/10/04

羽衣 空

16
ジョーカーゲームの謎と言うより、映画ジョーカーゲームの紹介、登場人物の紹介。中盤から陸軍中野学校の歴史。有名な実在スパイの紹介。後半007薔薇と拳銃の掲載。ジョーカーゲームに関してはもう少し掘り下げて欲しかった。シリーズは一通り読んだが再読したい。2017/05/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9267305

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。