Boot Camp導入ガイド―MacでWindowsを使う

個数:1
  • Kinoppy

Boot Camp導入ガイド―MacでWindowsを使う


ファイル: /

内容説明

本書は、Mac OS Xの内蔵機能「Boot Camp」を使って、MacでWindowsを使えるようにする手順を紹介するものです。
はじめに、Boot Campの導入と利用に際して、一般ユーザーでも知っておきたい程度に限定して仕組みと用語を解説します。あわせて、Boot Campのメリットとデメリット、仮想PCとの比較も簡単に紹介します。
続いて具体的な作業へ移る。必要な製品やインストール環境の準備、インストール、実際の利用方法について解説します。最後に、Macの買い換えなども想定し、削除の手順までフォローします。
なお、本書はWindows 7?10に対応しています。

目次

1 章 予備知識

2 章 「Boot Camp」のポイント

3章  必要なものを準備しよう
3.1 Macパソコンの機種を確認する
3.2 内蔵ディスクの空き容量を確保する
3.3 新規インストール可能なWindowsを購入する
3.4 Windowsのインストールディスクを変換する
3.5 8GB以上のUSBメモリ
3.6 USBメモリはFAT形式に
3.7 Macシステムを更新する
3.8 バックアップを作成する
3.9 電源を確保する
3.10 ブロードバンド回線を確保する

4 章 インストールしよう
4.1 作業上の注意
4.2 Macシステム側で準備する
4.3 Windowsシステムをインストールする

5章  MacでWindowsを使おう
5.1 起動するOSを指定する
5.2 キーボードやトラックパッドの設定を変える
5.3 Boot Campの設定をすばやく操作する
5.4 「かな」「英数」キーで日本語入力を切り替える
5.5 MacとWindowsでファイルを交換する
5.6 Windows用パーティションを削除する
5.6.1 Windows用パーティションを削除すると