集英社新書<br> 日本の1/2革命

個数:1
紙書籍版価格 ¥820
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

集英社新書
日本の1/2革命

  • 著者名:池上彰【著】/佐藤賢一【著】
  • 価格 ¥734(本体¥680)
  • 特価 ¥587(本体¥544)
  • 集英社(2015/09発売)
  • 秋の夜長もKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~10/22)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

人気No.1ジャーナリストと、西洋歴史小説の第一人者が、日本の政治的混迷について、熱く語り合う。振り返ってみれば、あの「明治維新」も、第二次大戦直後の「8.15革命」も、多くの若者たちが街頭に繰り出した「1968」の熱狂も、日本の革命はすべて不発に終わった――。果たして日本の近現代史は、革命の本家本元のフランスと比べて、どこが根本的に違うのか? また、東日本大震災後の未曾有の危機に直面する私たちは、ついに残り1/2の後半戦に挑むことになるのか? 本気で怒ることを忘れて久しい日本人の謎に迫る一冊。【目次】まえがき ロベスピエールの二分の一革命 佐藤賢一/序章 改革、変革、革命/第一章 日本人がフランス革命を語る意味/第二章 「半分」だった明治維新/第三章 「半分」だった戦後の革命/第四章 言葉の時代、あぶない後半戦/終章 日本は後半戦に臨むべきか?/関連年表/人および市民の権利宣言(一七八九年)/一七九一年九月三日の憲法(冒頭)/人物・用語解説/対談を終えて 「二〇一一中東革命」の嵐の中で 池上 彰

目次

まえがき ロベスピエールの二分の一革命 佐藤賢一
序章 改革、変革、革命
第一章 日本人がフランス革命を語る意味
第二章 「半分」だった明治維新
第三章 「半分」だった戦後の革命
第四章 言葉の時代、あぶない後半戦
終章 日本は後半戦に臨むべきか?
関連年表
人および市民の権利宣言(一七八九年)
一七九一年九月三日の憲法(冒頭)
人物・用語解説
対談を終えて 「二〇一一中東革命」の嵐の中で 池上 彰