現代人の悩みをすっきり解消する哲学図鑑 - 恋愛やビジネスから人生観まで役立つ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy

現代人の悩みをすっきり解消する哲学図鑑 - 恋愛やビジネスから人生観まで役立つ

  • 著者名:大城信哉/小川仁志
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 誠文堂新光社(2015/08発売)
  • ポイント 15pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784416313114

ファイル: /

内容説明

哲学というかたいテーマをイラストやアイコン、図版を使ってわかりやすくまとめた“ひと目でわかる”入門書。
恋愛やビジネスから人生観まで、悩める現代人にも活用できる単純明快さが特徴の哲学書です。
「会社が大事? 社員が大事?」「お互いを求めあう仲がいちばん幸せ?」「誘惑されてしまうのはなぜ?」「人生に目的ってあるの?」など現代人が抱えている身近な悩みから、生きていくうえで誰もが一度は苦悩する普遍的な命題までを、歴代哲学者34人の思想をかみくだいて解説することで“解消”していきます。
ほのぼのとした親しみやすいタッチでイラスト化された個性的な哲学者たちの風貌や、アイコン化した哲学的命題、「明解! 哲学年表」など、難しい思想がひと目でわかる工夫が満載の一冊。

目次

なぜ文系の人でも数学を学ぶの? ピュタゴラス/本当の自分ってなに? ソクラテス/どのような愛のかたちがいちばん幸せ? プラトン/どうして映画を観たり漫画を読んだりすることに夢中になるの? アリストテレス/出世するといいことがあるの? エピクロス/人生に目的ってあるの? マルクス・アウレリウス/知らない人や物事をどうすれば信じられる? アウグスティヌス/世の中の決まりごとってどうやってできるの? トマス・アクィナス/会社が大事? それとも社員が大事? オッカム/リーダーシップってなに? ニッコロ・マキアヴェッリ ほか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たつや

21
私のような完全な哲学初心者には良い本だと思います。ピタゴラス、ソクラテス、カント、デカルト、アリストテレスなどなど、各、有名哲学者の思想図をフローシートでずにしてあったり、イラストも多く、わかりやすく解説してくれています。最近、この手の本に興味が出てきましたが、どこまで、自分自身に吸収できるのか、ある意味朝鮮でもあります。お気楽に読んで勉強したいと思います。 2016/05/29

MINA

14
『世界の教養』読んで以来、地味に哲学にハマりつつある今日この頃。分かり易く、大変読み易い。「哲学とは、自分自身を知って“よく生きる”ことを求め続ける生き方の別の呼び名」「虚構は、私たちの生きる現実世界をわかりやすく表現し、理想的な姿に教え、美しく豊かなものにしてくれる」「エピクロスがすすめた快楽とは、欲望を取り去った後にくる心の平安のこと」「誘惑とは、現にいま私たちがあることへの私たち自身の不安のあらわれ」「どのような生き方であっても、その人生を肯定することーその無意味さに平気でいられる強さがある」2018/10/30

ののまる

12
今年は哲学研究にも本気で関わるつもり。2015/03/28

G-dark

8
「どうしてたくさん勉強しなくちゃいけないの?」「どうして働かなくちゃいけないの?」など、誰もが抱く様々な疑問について、著名な哲学者たちの視点からその問いの答えについて考えていく本。トマス・ホッブスの思想について解説するページに、もし誰も税金を納めることがなく、国家が成り立たず、全員が自由に暮らす社会になったらみんな幸せになれるのか? という問いが書かれていてドキッとさせられました。無秩序状態とは、万人が万人に対する戦争状態になるということ。改めて考えると、わたしたちは税金で安全を買っているのでしょうね。2018/08/19

しゃんしゃん

7
右に行こうか、左にしようか?日々判断を余儀なくされる。人それぞれに価値基準は異なる。哲学とは、いかに善く生きるかが目的。古代ギリシャのピュタゴラスから近代ドイツのハーパーマスまで34人の哲学者たちの哲学エキスをコンパクトにまとめた図鑑。時々でも人生を考える人は全てが哲学者。先人たちに学び自らが刻んでいきたい。島国の草食国民には根付きにくかった?日本人が哲学無き国民と言われないよう学びたい。しかしドイツ、フランスに哲学者が多いのは何故?ヨーロッパという環境も大きいのかな。2017/06/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7207062

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。