それでも、日本人は「戦争」を選んだ

個数:1
紙書籍版価格
¥1,870
  • 電子書籍
  • Reader

それでも、日本人は「戦争」を選んだ

  • 著者名:加藤陽子【著】
  • 価格 ¥935(本体¥850)
  • 朝日出版社(2015/08発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784255004853

ファイル: /

内容説明

かつて、普通のよき日本人が「もう戦争しかない」と思った。世界最高の頭脳たちが「やむなし」と決断した。
世界を絶望の淵に追いやりながら、戦争はきまじめともいうべき相貌をたたえて起こり続けた。

その論理を直視できなければ、かたちを変えて戦争は起こり続ける。

だからいま、高校生と考える戦争史講座。
日清戦争から太平洋戦争まで。講義のなかで、戦争を生きる。


生徒さんには、自分が作戦計画の立案者であったなら、
自分が満州移民として送り出される立場であったなら
などと授業のなかで考えてもらいました。
講義の間だけ戦争を生きてもらいました。

そうするためには、時々の戦争の根源的な特徴、
時々の戦争が地域秩序や国家や社会に与えた影響や変化を
簡潔に明解にまとめる必要が生じます。その成果がこの本です。
                ……本書「はじめに」より

◆日本だけでなく、世界の人々がなにを考え、どのような道を選択したのか、
 かつての人々が残した言葉をたどりながら、詳しく鮮やかに紐解いてゆきます。
 縦横無尽に「戦争」を考え抜く。歴史の面白さ・迫力に圧倒される5日間の講義録◆

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まさにい

142
僕は、戦争には反対なのですね。国家に人を殺してこいとか、国家に死んでくれなどとは言われたくないのです。これは個人のことですが、そのような国家をも選びたくはないのです。そして、この思いはいつの時代の人にもあったと思うのです。しかし、それでも戦争を選んでしまった。その答えが知りたかったのです。残念ながら答えはこの本の中にはありませんでした。しかし、考えるヒントは満載です。色々考えさせられました。知らないことも多かった。この問題については絶えず考え続ける必要があるようです。2016/11/27

ひろき@巨人の肩

140
戦争と政治、日本と世界の関係を見つめ直せる良書。歴史的大国ロシア、中国と日本において、朝鮮、満州、ウラジオストック、遼東・山東両半島が地政学的に重要で、日清・日露戦争の引き金となる。第一次世界大戦でのドイツ敗戦により、日本は「持たざる国」としての焦りが増大。満州事変と国連脱退が分水嶺となり、日中戦争、太平洋戦争へ突き進む。当時の中国思想家・胡適が、米ソを紛争に巻き込む為に二、三年間は負け続ける必要があると「日本切腹中国介錯論」を唱える一方、日本軍部は、世界情勢を希望的観測でのみ考察。引き際は常に考えたい。2021/09/21

ゲンキ

139
2021年の終戦記念日から読み始め、仕事が忙しかったから、今日までかかりましたが、とても読みやすく、大変良かったです。日清戦争から太平洋戦争までの戦争を、5日間の集中講義を通して、何故日本人はそれらの戦争をしたのか⁉️を高校生に問いかけながら、史実を教えておられました。知らないことも一杯あり、勉強になりましたし、後世に伝えていかなければならないことも一杯ありました。本書を読んで、教訓にしていかなければならないものだと思いました。皆様も是非とも🙋2021/09/11

あきら

129
個人的には国民の必読書レベルです。 講義の形式でまとめられていて、とても分かりやすい。 本のいいところは、自分の都合ですぐ巻き戻せること。 読んでは数ページ戻って、また進めて、ということを繰り返して関心を深められました。 講義を受けている学生のレベルがものすごく高いのも驚きます。

ハイランド

129
日本学術会議の騒動から読みたくなった本。明治以降、日本が関わった戦争は何故始められたのか。この本は断じて反日の本ではない。膨大な資料に当たり、当時の国際情勢、日本の国内事情をつぶさに分析し、戦争に至った経緯を、日清戦争から太平洋戦争まで概観していく。印象的なのはルソーの「戦争は国家と国家の関係において、主権や社会契約に対する攻撃、つまり、敵対する国家の、憲法に対する攻撃、というかたちをとる」という言葉。これは飛躍かも知れないが、日本学術会議の会員の任命拒否という現象は、政府による民主主義への攻撃という… 2020/11/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/229193
  • ご注意事項