PHP新書<br> 「市民」とは誰か - 戦後民主主義を問いなおす

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader

PHP新書
「市民」とは誰か - 戦後民主主義を問いなおす

  • 著者名:佐伯啓思
  • 価格 ¥640(本体¥582)
  • PHP研究所(2015/08発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「市民」のためと銘打つ政党が結成され、また、外国人ジャーナリストによる官僚社会批判が「市民運動」のテキストとしてベストセラーとなる現代日本。そこで描かれるのは、権力を我がものとする官僚VS「市民」が主役の民主主義、という構図である。「市民」が、単なる「都市の住民」であることを超えて、神聖な存在に祭り上げられた思想的背景とは何だったのだろうか? 戦後日本の思想の歪みを鋭く衝いた意欲作。