凡庸な芸術家の肖像 マクシム・デュ・カン論 上下合本版

個数:1
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

凡庸な芸術家の肖像 マクシム・デュ・カン論 上下合本版

  • 著者名:蓮實重彦
  • 価格 ¥3,240(本体¥3,000)
  • 講談社(2015/08発売)
  • Kinoppy年末大感謝祭!電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~12/16)
  • ポイント 900pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「凡庸」は人類にとって普遍的な概念ではなく、ある時期に「発明」された優れて歴史的な現実であり、その歴史性は今なお我々にとって同時代のものだ――『「ボヴァリー夫人」論』(2014年)の執筆がすでに始まっていた1970年代、著者の心に忽然と燻りだした19世紀フランスの作家マクシム。今では「フロベールの才能を欠いた友人」としてのみ知られる謎多き人物を追い、時代と文化の深層を描く傑作。芸術選奨文部大臣賞