データを正しく見るための数学的思考 数学の言葉で世界を見る

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,740
  • Kinoppy
  • Reader

データを正しく見るための数学的思考 数学の言葉で世界を見る

  • ISBN:9784822285395

ファイル: /

内容説明

間違わないデータ分析に必要とされる、統計の数学的知識を、数式を使わずに、グラフ図と日常的な例などで概説した読み物。例に挙げられている題材は、米国大統領選挙、肥満の定義、NBAのシュートランキング、失業率、くじの当選確率など。

解説は、統計の処理に使われる数学の知識を、「なぜそういう概念が必要なのか」、「どのように使い、どういう結果を得るのか」、「その知識を持っていないと、どういう間違いを引き起こすか」というレベルに落とし込んで、丁寧に説明します。

意思決定を狂わす、世の中にはびこるデータの間違った解釈を数学的に正します。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yooou

4
読んだというか終りにした。言わんとしていることはとっても重要なことだと思いますが、伝わらない話をだらだらしてても意味はないですね。2016/08/28

Naohiko Oikawa

4
世の中に出回る分析の中で、「一見もっともらしく見えるけれども、どこかが変なもの」を見ることがあるが、それらがどうして変なのかを、数学的にきっちりと解説してくれる本。 さらに、そんな解説を通じて、「世界のごちゃごちゃしたカオスの表面の奥に隠れた構造を見せる」数学(統計)の面白さを案内してくれる本。 たとえば「ボルチモアの証券業者」のように、統計的に有意でない中でたまたま「必然」に見える一部のサンプルから意味合いを出すような分析に騙されたり、自分でやってしまっている人、意外といるのでは? 気をつけましょう。2015/12/06

かに

3
「ファクトフルネス」を読んで、派生して購入したが、考えてみたらこの本、原著でも読んだ(笑)。原題は「How not to be wrong - The power of mathematical thinking」。手書きのスケッチが綺麗な図式になっていてびっくり。翻訳難しかっただろうなぁ、この著者の語り口……2019/03/29

人生ゴルディアス

3
一般的には絶対確実だと思われる数学も、現実への適用の際にはその仕方が幾通りもあるし、時には根本的に変なこともある(p値が0.05とか)という例をわんさか詰め込んでくれた本書。とはいえ、詰め込みすぎじゃないかな……。ほとんどの事例で事前知識があったので何とか読み通せたけど、予備知識なしでヒルベルトからゲーデルまであの怒涛の記述の意味を理解するのなんて無理だと思う。あと、著者の数学に対する思いみたいなものは、とてもよかった。2017/11/07

H.A

2
はじめの方は興味を持って読み進められたが、後半になるに従い、数学から離れていき、興味を繋ぐのに難渋しました。2016/06/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9786367

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。