戦後七〇年 国家の岐路

個数:1
紙書籍版価格
¥1,540
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

戦後七〇年 国家の岐路

  • 著者名:櫻井よしこ
  • 価格 ¥1,386(本体¥1,260)
  • ダイヤモンド社(2015/08発売)
  • 梅雨空を吹き飛ばす!Kinoppy電子書籍・電子洋書全点ポイント25倍キャンペーン (~6/16)
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784478066720

ファイル: /

内容説明

もう迷わない。世界が待望する勁い日本へ! 安倍談話、対中外交、憲法改正、慰安婦問題、集団的自衛権、沖縄基地、イスラム国…メディアに蔓延る「俗論」を櫻井よしこが一刀両断。節目の年…この国は「どちら」に向かうべきか?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かんちゃん

12
櫻井よしこさんの論戦シリーズ最新刊。理路整然と正面から国家の諸問題に対峙する姿勢には本当に関心いたします。一本筋が通った考え方とかなり勉強していることに裏付けされた自信に魅了されてしまいます。戦後70年の今年は、私も自分なりに戦争や国家についての書物を読んできました。これまでなんとなく避けていた感のあるこの問題に触れることが出来て自分ではよかったのかと思います。グローバル社会だからこそ、これから日本人としての国家観を育んでいくことが大切なのではないかと今更ながらに考えている今日この頃です。2015/10/22

ZEPPELIN

7
ここ数年はNHKやテレ朝の報道番組をほぼ見ていないので、2014年はここまで酷かったのかと唖然とする。2015年も引き続き見ておりません。国内外の反日勢力に対する厳しい意見はいつものこととして、印象に残るのはオバマへの失望。アメリカ史上最弱といわれるオバマの弱気が中国増長の原因だと指摘する櫻井さん。全く同感だし、対する共和党候補のトランプを見ていても、こちらはこちらで超のつく強硬な意見の持ち主だし、どちらにしろ日本には甘くない。「備えなければ憂いなし」という頓珍漢な状態からは早く脱却したい2015/09/05

mach55

2
2015年に出版された、櫻井よしこさんの複数のコラムの取りまとめ。7年経ち、憲法9条など、今なお議論が続いているテーマもある。ロシア・ウクライナ関係に至っては当時以上に状況悪化、最悪だ。 中国人論も興味深い。司馬光がまとめた『資治通艦(しじつがん)』というBC500年からAC1000年まで1500年にわたる歴史書には、残虐な歴史が刻まれ、毛沢東は17回も読み謀略と手法を学んだそう。そして習近平もそれを踏襲し、前権力関係者を次々と粛清。かつての日本の指導者は資治通艦を読み中国人の本質を理解して対処していた。2022/05/18

maki

1
櫻井さんの気っ風の良さには惚れ惚れします。集団的自衛権行使について、よくわからないとか、説明が足りないといっている人には、是非この本を読んでもらいたいと思います。日本が美しいままの日本であるために。 2015/10/20

mako

1
(まだちょこっとしか読んでないけど、メモ) 冒頭と目次、気になる章をいくつ。まずびっくり。こんなに叩かれそうな、反感もたれそうなことを、強気に言い切って書くって、しかも名前も顔も出して、ってスゴイな。櫻井よしこさん、という人物を、実は今まで知りませんでした。内容は、色々とひっかかるところもあったり、眉間にシワ寄っちゃうとこもだけど「世界の中の日本、という立ち位置を意識している」とこに好感。日本国内だけじゃない視点、姿勢で。海外へ出る時は、櫻井さんの意見や本は、賛成反対にしろ、読んでおきたいと。メモ2015/09/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9789637
  • ご注意事項