創元SF文庫<br> 量子宇宙干渉機

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

創元SF文庫
量子宇宙干渉機

  • ISBN:9784488663193

ファイル: /

内容説明

世界が再び全面戦争の危機に直面した21世紀、若き物理学者ヒュー・ブレナーらのグループは、ついに量子コンピュータの開発に成功した。この世界は唯一無二の存在ではなく、無数の世界が並行してあり、それらが相互に干渉し合うことでいかなる物事が起こるのかが決定される。ならばその“干渉”をコントロールすることで世界を救うことはできないのか?国防総省が乗り出した極秘プロジェクトの主眼はそこにあった。政府の監督下で別世界操作の研究を強いられるヒューら。眼前に自由世界への道が開いたとき……。量子力学に基づく多元宇宙ハードSF!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

白義

11
今ではある種のサブジャンルとなりつつある多世界SF。それをハードSFの巨匠ホーガンが真っ正面から扱うとこうなる、という見本のような作品。ドイチュに示唆された多世界解釈と生命、意識の関係はかなりガチな解釈だし、リバタリアニズム的な自由と、東洋思想が融合した現代SFに少ない超楽天性、健全さは相変わらずのホーガンらしさ。比較的新鮮なのは、ホーガンがこの世界の科学が、あまりにも速度が過剰ではないかと考えているように見えることだろうか2012/02/04

roughfractus02

5
多宇宙が舞台のSFでは、波動関数を収縮させる力を人間に与えると、他の生命体によって地球は宇宙から隔離され(G・イーガン『宇宙消失』)、収縮する力が与えられないと、無数の並行世界と人間の脳が量子レベルでコミュニケートする機械を用意して、読者に馴染む一つの宇宙なる通念を覆す。後者を採る本書は、他の世界の機械と並列処理を行なう量子コンピュータが、この世界の人物に対応する他の世界の人物に精神を飛ばして、世界の危機を他の世界の情報によって打開しようとする。物語はこの時主人公に、どの世界にいるべきかという選択を迫る。2018/09/12

ひげお

4
科学が政治や戦争の道具にならない世界を理想郷とする。 他の作品にも共通する著者の考え方が好きです。 抜け殻になったヒュー達の体がどうなるのかが気になりますが。 2013/02/09

ろい

3
ホーガンらしいゴリゴリの理論部分が、複雑なストーリーとは必ずしもリンクし切れていない作品。作品としては面白いし、多重世界の解釈も面白いのだが、移動元が圧倒的に有利になる点や、その間の意識は単純になくなるところなど干渉についての考察が今ひとつだったのが不満。なんだろうなぁ、この割り切れない感じ。2016/09/16

ギンナイ

3
「創世紀機械」的(うんちくで一冊を使いきる)な話を期待したのに。狭い世界でのやりとはいいけど、多元宇宙論、多元進化とか期待したのに概要の話くらい。いつものトンでも理論分が物足りない。人種対立の話(色が付いていると白人様にまず勝てない。いくら頑張っても対等が限界。何かの冗談なのかと嘆いてしまう)。さらに、あまりにも無責任で侵略者な主人公たち。最後まで、それだけ?と思ってしまう。殺伐とした世界観で鉛の弾が活躍したのが犬を一匹仕留めただけとか、解決策は仕事を辞めるだけとかホーガンらしさもあって良かったけど。2016/05/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/529948

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。