ヤフーとその仲間たちのすごい研修 リーダーをつくれ! 前代未聞の31人の冒険

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

ヤフーとその仲間たちのすごい研修 リーダーをつくれ! 前代未聞の31人の冒険

  • 著者名:篠原匡【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 日経BP(2015/07発売)
  • ポイント 15pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822279110

ファイル: /

内容説明

ヤフー、インテリジェンス、日本郵便、アサヒビール、電通北海道、美瑛町役場――。それぞれの組織の精鋭31人が、ある日、北海道・美瑛に集められた。
「この地域の抱える課題を解決するプロジェクトを提案せよ」。突如下ったミッションに、精鋭たちは混成チームで挑む。期限はわずか半年。背景も年齢も共通言語も異なるメンバーが、6つのグループに分かれて智恵を絞る。
研修の最中には、空中分解しかけるチームもあれば、高い結束力で課題に挑むチームもあった。個性豊かなメンバーたちは、どのように1つのゴールに向かっていったのか。

本書は、2014年5~10月に北海道・美瑛町で繰り広げられた、前代未聞のリーダー育成研修を追った一冊。誰もがリーダーになりたがらない時代に、どのようにして未来のリーダーを育てるのか。多くの企業で経営者や人事担当者は、こう頭を悩ませている。これまでのように外部に丸投げしても人は育たない。またダイバーシティ(多様性)の重要性が喧伝される中、単に女性や外国人の登用を増やしてもその果実は得られない。
では、いかに未来のリーダーは生まれるのか。導き出した答えが、この前代未聞の「すごい研修」だった。笑いあり、涙ありのドタバタ劇を通して、31人はガチンコで魂をぶつけ合い、成長を遂げる。
イシューの探し方からチームビルディングのコツまで…。これからマネジャーになる人や、まさに今、マネジャーとして現場で悩む人たちにも、たくさんの学びのヒントが宿っている。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Willie the Wildcat

49
社風や業種、そして年代の異なる集団による課題解決案対決。見所は過程に垣間見る”本気度”。手探り状態からの模索。切磋琢磨の末、互いの違いをズレから個性として活かし、結果に繋がる過程が見どころ。リーダーシップ論以上に、Crowdsourcingの在り方が頭に浮かぶ。一方、町長の話を聞けないなどの諸制約は、現代ビジネスでは当たり前。Agile思考で前に動かし結果に繋げる力量は、業界を超えた必須スキルではなかろうか。2016/03/21

けんとまん1007

15
ドキュメンタリーとして読んで、面白かった。参考になる点が、いくつもある。異業種交流という思いは、自分の経験もあって、頷ける視点。ダイバーシテイって、こういう風に捉えると、なるほどなあ~と思った。職場で、研修・教育に多少なりとも携わっているので、いかに、現場の生の声を拾うのか?、アフターの意識づけをどれだけ持ち続けるのか?を意識しているつもり。そして、同じカラーでない人たちとの接点をどう作るのか?本当の意味での内製化とは?などなど。馴染の言葉も、そうでないものもある。何かできるかも。2015/12/06

YJ

7
かなり面白い。イシュー。チームビルディング。2017/01/10

oyasan

4
地域課題解決プロジェクト。異業種交流+研修→美瑛町の解決策を町長に提案。わずか5か月でえられた結果結論とは・・・。この本読み方いろいろできるなぁって思う。別に研修限定でなく、いろんな場面での示唆に富んでいるなあって。けど、本にするためにちょっとうまくまとめ過ぎ? ほんとは、もっとグループ崩壊とか、どろどろした部分があっただろうな。そういう部分も知りたかったし、美瑛町役場の人たちがどうだったのか話を聞いてみたくなった。2015/09/26

atseiji

2
異質な企業人どし研修は、課題設定、チームとしての議論の中身のレベルで相当苦労したのだろう。でも、この苦労は無駄ではない。そんな研修が日本の企業ではない。経営とは何か、課題解決とは何かを本気で考える。素晴らしい研修ではないかと思う。2018/08/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9797338

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。