富士見L文庫<br> 不機嫌なスピッツの公式

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader

富士見L文庫
不機嫌なスピッツの公式

  • ISBN:9784040706580

ファイル: /

内容説明

スピッツ――有名バンドが由来のあだ名で呼ばれる俺の幼なじみは、謎と孤独と小説と音楽を偏愛する一方でラブソングを毛嫌いする変わり者だ。これは、そんなスピッツが巻き込まれた、恋愛にまつわる謎解きの顛末。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆう

26
本と音楽をこよなく愛し、でも恋愛物が苦手なちょっと変わった少女と幼なじみの少年が恋愛がらみの謎を「謎はもうない」を決め台詞に解いていく短編集。デビュー当初から読んでる作家の三沢さん。『致死量未満の殺人』でアガサ・クリスティー賞を受賞して、3作目にしてライトな感じの作品も書き始めたのね!と書店で驚きながら手に取ってみた。でも読み始めたら言い回しはやっぱり三沢さんだなぁって感じだった。2015/09/11

瀧ながれ

20
個性的でクラスでちょっと浮いてる感じの高校生を探偵役にした、日常の(恋愛絡みの)謎作品。主人公ふたりのキャラクターがおもしろいので楽しく読みましたけど、その年齢でそのシュミと知識はどうやって手にいれたのかと、たいへんに疑問です。そりゃ友達もすくなかろうよ(苦笑)。ひとつめのエピソードですが、わたしはこんなことされたら二度とその店に行かないけどなあ。店員としても、常連を一人失うわけで(近年のニュースなんかをみると、一人ですめばいいが)、どっちの得にもならない真実だったと思います。男の人の意地って、こうなの?2017/05/13

けい

12
「謎はもうない」サクッと読了。面白かった。アーティストや作家、マニアック。知らない人はググってみたりして読んだ。シリーズになったらいいな。2015/08/14

くろねこ

11
結構好き♡ ただカバーイラストの瑠璃がわたしの中のイメージとは全く合わなくてうーむ、、なのと、最終話がイマイチだったかなぁ。。あんなやり取りしてそんな事情があるのに,本名でするかなぁ(´._.`)?? 友里がお気に入りだから出番が最終話は少ないのも残念。。2016/02/26

nyapoona

7
『アガサ・クリスティー賞殺人事件』でアガサ・クリスティー賞を受賞した作者によるアユミス。マイルドな森田季節のような味わいだった。しかしなんでアガサ賞の作者が突然キャラノベを書いたのかが最大のミステリである。2015/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9781397

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。