鉄道デザインの心 世にないものをつくる闘い

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,200
  • Kinoppy
  • Reader

鉄道デザインの心 世にないものをつくる闘い

  • 著者名:水戸岡鋭治【著】
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 日経BP(2015/07発売)
  • ポイント 20pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822275419

ファイル: /

内容説明

「JR九州側に立たないでデザインしていいですか。僕は利用者の立場でありたい」
「ななつ星」「或る列車」から駅・街まで、水戸岡氏が仕事の心構えと覚悟を語る本はこれが最後

JR九州の超豪華寝台列車「ななつ星 in 九州」の鉄道デザインなどで知られるデザイナーの水戸岡鋭治氏が、世の中になかった列車や駅を生み出していく中でのさまざまな“闘い”を明らかにした本。著者は、利用する人の立場に徹して、顧客である鉄道会社、車両メーカーや国土交通省を説得し、時には自らの考えを改めながら、顧客にとって最善と思われるものを実現していきます。

水戸岡氏はデザイナーの仕事について「顧客の要求を汲みとり、交渉し、妥協し、予算を管理し、値切り、請求書を発行し、地べたを這いまわってものを創り上げていく仕事」と言い切ります。「自分の中からわき上がってくるものを作品にするアーティストとは違う」。むしろ技術者、設計者が手掛ける仕事に極めて近い、“ものづくり”というべき仕事なのです。その視点は常に、車両に乗る人、駅を使う人の側にあります。

2015年8月8日運行開始予定のJR九州「或る列車」や大分駅リニューアルなど、水戸岡氏の2015年の仕事にも言及しています。ななつ星の洗面台を担当した14代目酒井田柿右衛門をはじめとした車両の内外装、小物などを手掛ける数多くの職人との、まさにものづくりの共同作業の描写にも多くの紙数を割いています。仕事に向けての心構えやヒントが数多く散りばめられている一方で、鉄道デザインの舞台裏を色濃く楽しめます。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

けんとまん1007

52
雇い主に盾突く。それでも、実現に至る。真の顧客は誰なのか・・・ここが全ての立ち位置だからこそなんだろう。デザイナーもいろいろあって、工業デザイナーとしての仕事は、プランナーであり、マネジメントであり、夢を見る人であり、地道な積み重ねによるもの。前例がないからこそやる。意見が衝突するからこといい。そこには、想いがあるからだ。2021/04/10

Tadashi_N

28
デザイナーはデザインだけ行うのではない。プロデューサーであり、調整者であり、顧客を説得する役目もある。2019/03/09

tapioka

20
JR九州の鉄道車両をメインにデザインの仕事をされている水戸岡鋭治さんが、九州一周豪華車両の「ななつ星」をデザインした際の車両や窓枠などへのこだわりや、仕事の進め方などを述べた本。水戸岡さんの熱意が伝わってくる熱い内容で、細部までこだわり抜き、依頼主と闘いながらいいものを作っていく姿はデザイナーという軽い言葉ではなく、職人と呼ぶに相応しい方であると感じました。効率主義に走り過ぎた社会への警笛も鳴らしていましたね。また、自分のイメージを相手に伝え納得させるのに苦労されていた内容が非常に参考になりました。2015/12/22

Kei

19
感動!東京五輪もこちらにはいっていただいたら?(笑)ただ、こういう人を動かすには、JR九州社長のような危機感を持ったtopが必要。福沢諭吉の学問ノススメより、哲学、歴史学、経済学を以ってちゃんとしないと、なにごともできないんだ、との信念。鉄道デザインを超えた著書です。2015/08/15

AU.Step

15
著者の仕事の一端は認識していたが、ここまで幅広い領域で活躍されている事はこの本で初めて知った。自分の仕事がモノ作りに関わる職種という事もあって、仕事への姿勢には強い刺激を受けた。2021/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9749183

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。