これならわかるよ!経済思想史

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader

これならわかるよ!経済思想史

  • 著者名:坪井賢一
  • 価格 ¥1,408(本体¥1,280)
  • ダイヤモンド社(2015/06発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784478027660

ファイル: /

内容説明

「新古典派経済学」「ケインズ経済学」「マルクス経済学」は聞いたことがあるけれど、それぞれのポイントや相互関係、発展の流れ、政策との関係が今ひとつわからない…そんな悩みにお応えする1冊! 学び始めも学び直しも大歓迎です!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁冊

25
本書は経済学の知識ゼロでも読めるのが売り(ⅱ頁)。門外漢、素人大歓迎のようだ。ゴシ太本で読みよい。経済学は人間を研究する学問である(024頁)。金儲けを研究するわけではない。マーシャルの定義が重要(025頁)。資本主義はやがて崩壊する……(081頁)。利潤率の低下で崩壊。ノーベル経済学賞選考基準:西欧政治思想、経済思想から生まれた自由主義・新古典派経済学とリベラル・ケインズ経済学が対象(227頁)。2015/08/25

cockroach's garten

19
少人数グループ講義という形で経済を思想史の観点から大まかに進んでゆく。新古典派経済学から抽象的な概念を数学で表す流れになるので、数学に疎い私は理解するのに時間が掛かった。だが、何となくなら解った。一応この新古典派が今の経済学の主流となってるが、それに対する批判もあって、本書が多面的に経済学をまとめてる感じがした。初めて読むには悪くはない。が、経済学思想を網羅した本として、時々再読するのがいいかも。2017/05/06

_apojun_

6
図書館本。一応学校はそっち方面だったんだけど、当時は経済とか商業とかに全く興味がなく、基礎的なことも知らないまま今日に至っています。 というわけで、少しは常識レベルのことも知っておかないと思って手に取った一冊。 新古典派、ケインズ、マルクスといった経済思想を背景となる政治思想と絡めて解説してくれています。 文体が非常に読みやすくてすいすい読み進められるのですが、逆に上滑りしちゃったかもという個人的な感想。 でも、ぼんやりとはわかった気がするので、収穫はありました。今度はもう一段踏み込んだ本に挑戦しよう。2021/10/02

はる坊

6
経済を学ぶにはまず思想から。マルクスの労働価値説が実はアダムスミスの踏襲だったってことは知らなかった。2017/02/27

乱読家 護る会支持!

5
古典派・新古典派経済学、ケインズ経済学、マルクス経済学の三つの代表的な経済学を軸に近現代での経済学の考え方を追う。経済学の歴史を欧米各国の歴史、政策、さらには自然科学や音楽に関連付けて学べるので、とてもわかりやすかった。。。同時期に起こった事象は繋がっているから、互いの影響力を関連付けて学んだ方がわかりやすい。その他の工学技術、心理学、文化芸術、価値観、宗教など、全て繋がっているのだから、歴史的背景と関連付けて学びたい。でないと、専門バカになりまっせ〜!( ̄(工) ̄)2015/10/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9772997

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。