行正り香の暮らしメモ100

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

行正り香の暮らしメモ100

  • 著者名:行正り香【著】
  • 価格 ¥1,222(本体¥1,111)
  • マガジンハウス(2015/06発売)
  • ポイント 11pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784838727063

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

おいしくてつくりやすい料理はもちろん、
「ならでは」の魅力的なライフスタイルが、
多くの支持を集めている料理研究家・行正り香さん。
今回、待望の初のライフスタイルブックでは、
おうちをすっきりさせ、心地よく暮らすために、行正さんが書きとめた「暮らしメモ」を、
美しいビジュアルとともにお届けします。

ご紹介するのは、自分らしいスタイルのある住空間のつくり方から、インテリアの選び方、
ものを整理・整頓するための簡単なしまい方や捨て方のルール、
買い物や献立のコツ、時短料理のための工夫、キッチン道具の選び方、
日用品のストックの考え方、さらには時間の使い方、仕事との向き合い方、
そして家族や友人たちとの接し方まで…。
難しいやり方を覚えなくても、面倒なことをしなくても、
読むだけで、知るだけで明日からグンとラクになる、ノウハウや心の持ち方を集めました。

「仕事に家庭に」と、女性の役割は多く、そして長く続いていくものですが、
だからこそ、すべてマニュアル通りに完璧にやろうとせず、
自分なりのやり方や最低限のルールをつくって、少しずつ続けていくことこそ大切です。
「〇〇しなければ」は一切なし! 時には「手抜き」もあり!が行正さん流。
そんな、気持ちも暮らしもラクになる、多忙な日々を送る女性へのアドバイスが満載です。

空間も、時間も、出来ることも、持てるものも、人間関係も、
生活にかかわるすべてのものには「限度(=リミット)」があります。
だからこそ、「自分が持てるものは、出来ることはここまで」を自覚することが、
リミットを知ることが、すっきり、心地いい暮らしを実現する近道かもれません。
無理せず、毎日を楽しく豊かに暮らすために、
「心にとどめておきたい100個」のヒントを綴った、必読の一冊です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

chichichi

33
この方みたいに『日々の暮らしというのはほとんどタダで楽しむことができる娯楽なんだ、アートなんだ』と思えることができたら、日々の生活が楽しくなりそう。一番響いたことは、空間は有料だということ。買い込んだストックをしまっておくためにローンや家賃を払ってる訳じゃないはず。ごもっとも!2015/02/27

ケロコ

16
【図書館】レシピがなかなかいいのよ。どれも美味しそう。ホタテと枝豆のパスタを試してみようっと。2020/01/23

ハッピースマイル

12
素敵な暮らし方だなぁ、の一言。自分が真っ最中なので、興味があるのもあって、一番印象に残ったのは子育てのところでした。やっぱり普段の生活から少しずつやるのがいいんですよね。自分にとって何が素敵と思えて何が心地よいのか、信念みたいなものはないのだけど、片付けた上で(笑)いろんなことを生活に取り入れられたらいいな、と思いました。2014/12/20

のぼる

11
よくあるタイプの本だけど、働く女性らしく、手を掛けるべきところ、抜いてもいいところを分かってる感じが良い。食・インテリア・ファッションを疎かにして人生の充実はない気がするな。そして、感心したのが子育て論。自分自身を幸福にする力を身につけさせる、18歳までしか面倒をみない、子供は社会の預かり物だからいつかお返しする、ということ。子供を自分の所有物のように思い込んでいる世間の親に聞かせてやりたい!手にとって良かった本でした。2015/08/13

ぽけっとももんが

8
最後の章に「大切なことは人のために使う時間ですよ」という日野原氏の言葉が紹介されている。時間は大切だからこそ、時には誰かのために使わなくてはならないのだ。いいことが書いてあってもどうもわたしとは少しだけ微妙にずれてる、と思いながら読んでいたけれども、この本を手に取ったのはこの言葉のためだったんだな。2017/09/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8301093

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。