角川ソフィア文庫<br> ブッダ伝 生涯と思想

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader

角川ソフィア文庫
ブッダ伝 生涯と思想

  • 著者名:中村元【著者】
  • 価格 ¥979(本体¥890)
  • KADOKAWA(2015/05発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784044089146

ファイル: /

内容説明

煩悩を滅する道をみずから歩み、人々に教え諭したブッダ。出家、悟り、初の説法など生涯の画期となった出来事をたどり、人はいかに生きるべきかを深い慈悲とともに説いたブッダの心を、忠実、平易に伝える。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

65
『スッタニパータ』や『ダンマパダ』、『サンユッタ・ニカーヤ』、『涅槃経』等を手掛かりに、仏陀の一生や原始仏教の教義を説いた一冊。初心者向けで復習の意味も兼ねて読んだのだが、それでも『スッタニパータ』の滋味溢れる文章を読んでいると、なんとなく胸の奥に熱いものがこみ上げてくるな。原始仏典からの引用が多くそれを丁寧に注釈している為、これから仏教を学ぼうと考えている人は面白く読めるのではないかと思う。もちろん触れた事のある人も興味深く読める。「一切の生きとし生けるものは、幸福であれ、安穏であれ、安楽であれ。」2015/08/24

姉勤

39
ブッダの生涯と仏教の成立。生まれ、発心し、家を出で、苦を知り、悟り、説き、滅す。初期仏典と根本思想を交え、「人間」ブッダと歩く。支配階級のバラモンの権威がほころび、六師外道と呼ばれる思想が数多く花開いた二千数百年前のインドに現れ、まず自らをほどき、同志に説き、弟子に語り、請われれば教え、教団に伝わった。言葉は詩となり、文字となり、経になった。優秀な弟子や、支援者となる王や資本家が生まれていた時代に布教し得た事が、のちの宗教となる縁起。悟れば苦しみから逃れられるが、一方で寂しい気もする。だから寂滅か。2017/03/22

イプシロン

33
仏教は科学であるという言葉がある。この一冊はそうしたことをよく伝えている。つけたすなら、経典は小説であるとも言えるか。この本を読めば、経典とはブッダの生涯を描き切った小説だと納得できるだろう。その小説の中でブッダは様々な人に会い、いろいろなことを言う。それが哲学であり、思索による真理探究の仕方であったり、仏道の勧めであることが見えてくる。中村元の文章は柔らかくわかりやすいのだが、同じ内容が繰り返される部分が多いので、しつこいと感じる読者もあるだろう。しかし仏教の思想を知るには良い一冊なことは間違いない。2016/07/23

出世八五郎

31
巻末に1995年日本放送出版協会より刊行された「ブッダの人と思想_上下」を改題文庫化とある。探してたのが「ブッダの人と思想_NHKブックス_中村元・田辺祥二/大村次郎(写真)」。恐らく同じ内容だと思われる。著者らしき人物が二名なのは不明・・・。___本書は釈迦の生涯と思想を、釈迦の残した言葉と著者の解説で、入滅までの道を辿る。仏教は人生を苦しみと規定するが、実は素晴らしく楽しいものなんだ!とも説いている。それは解脱して分かること。岩波文庫の著者原始仏教本(※釈迦の残した言葉)のダイジェスト版という印象。2016/07/14

テツ

23
一切皆苦。生きることは悩み苦しみに満ち満ちている。立場や地位に関係なく全ての存在は根本的なところで苦しみに喘いでいる。ブッダの生涯とそこから溢れ出た言葉。弟子への教え。平々凡々たるぼくたちが苦しみから逃れて生きることなんて無理な相談なんだけれど(バリバリ俗世の快楽に浸っているしね)古の聖人が説いた苦しみをなくすための教えを知っておくことは、いつか自分では立ち直ることのできない程の苦しみにうちのめされたときに支えになるのかもしれない。少しずつ少しずつ執着を手放していこう。2020/09/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9702496

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。