清とこの夜

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader

清とこの夜

  • 著者名:広小路尚祈【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 中央公論新社(2015/04発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784120046780

ファイル: /

内容説明

「大将、このお店、潰さないでよ」古びた居酒屋の無骨な店主・清を前に、常連客は今宵も上機嫌。定年退職を目前に妻の愛を確かめたくなった男、息子に捨てられたと嘆くシングルマザー、年の離れた妻が自慢の男と内心で夫に毒づく妻――それぞれの抱える願望や屈託が、酔うほどに顔をのぞかせて……。このカウンターで盃を傾ければ、人生の滑稽さがにじみ出る。哀切と笑いの酒場小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぶんこ

45
居酒屋店主の清さんと、そこに集まる人々の物語ですが、人情物のほっこり話ではありませんでした。 駅から15分以上も歩く町外れのうらぶれた居酒屋。 手抜きの料理の場面では、気持ち悪くてゾワゾワし、読むのを止めようかと思いました。 だらしないと思っていた清さんですが、娘を思う気持ちにはグッときました。 ミーちゃんと呼ぶ男の人が一番気持ち悪かったです。 千夏さんのご主人も気持ち悪くて、私にとっては、あまり面白い本ではありませんでした。 2015/10/03

あかは

39
色々な人。思い。事情が語られています。読みやすくていいです。わたし、この作家さん好きだな。最後まで気になった千夏もなんとか解決しそうでほっとした。しかし、色んな人がいるもんだ。すいすい読んでしまいました。2015/06/17

ゆきらぱ

24
面白かった!名作!もっと読みたい2022/06/08

おかむら

15
町外れのさびれっぽい居酒屋の店主清と常連たちの酒場小説。泣き笑い的な深夜食堂系なのかと思ったら、店主も常連ももっとダメな人っつーか、ほっこりやしんみりに落とさないとこが逆に好きだわー。こういう店の常連になってみたいようなみたくないような…2015/02/09

いつでも母さん

12
ほら、そこの裏道にあったよね、あの居酒屋!って感じで、そこの店主と娘・客の話。クスっと笑えたり、何言ってんだかと思ったり、娘、千夏を思う店主にほろっとしたり・・ちょっとだけ不思議な?作品だがサクサクと読了。嫌いじゃなかったよ。私は。2015/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8765394

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。