シンデレラの舞踏会<br> 奇跡の贈り物 シンデレラの舞踏会 VII

個数:1
紙書籍版価格 ¥658
  • Kinoppy
  • Reader

シンデレラの舞踏会
奇跡の贈り物 シンデレラの舞踏会 VII


ファイル: /

内容説明

夢から現れた美しい妖精が奇跡の季節、孤独な男に届けたものは?■また彼女だ。シルクに包まれ、やさしく、甘く、くらくらするような女性の香り――いつも見る夢の断片。アレッサンドロは、クリスマスを前に今日もまた同じ夢を見た。顔が見えないから夢の女性が誰なのかわからない。彼は苛立ちを抑えるように、山荘の庭で一人、斧をふるった。そのとき、ふいに呼び止められた。「あの、すみません」振り返ると、女性がキルトの大きな包みを抱えて立っている。謎めいたまなざし。まるで妖精だ。女性は、車が故障して困っていると言った。雪は激しさを増し、このままでは山を下りられなくなるだろう。さっそく修理工場へ連絡して、彼女に急いで帰ることを勧めると、妖精の目元がダイヤモンドの滴のようにきらめいた。涙だろうか?アレッサンドロはなぜか彼女が自分に会いに来たのだと確信した。