―<br> 武士の掟

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,728
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン


武士の掟

  • 著者名:高橋慎一朗【著者】
  • 価格 ¥1,728(本体¥1,600)
  • KADOKAWA(2015/04発売)
  • 春 満開!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~4/21)
  • ポイント 400pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

為政者たちが巨大な公共施設をつくりたがるのは、いつの時代も同じこと。中世において、権威の象徴は「道」であった。「道」の平和を守るため、武士たちはあらゆる掟を連発し、「道」を有効活用するために、住民たちはしたたかに対処した。
【目次】
第一章 “武士の都市”鎌倉の掟
鎌倉幕府の法
しつこく出された道の掟
犯罪の取り締まり
庶民の娯楽はどこまで許されるか
武士は武士、坊さんは坊さんらしく
第二章 御家人・戦国大名の掟
豊後大友氏と『新御成敗状』
下野宇都宮氏と『式条』
下総結城氏と『新法度』
第三章 道路掃除の掟
道路へのこだわり
道路掃除はだれがするのか
聖なる空間
巨大な道路は権力の象徴