文春文庫<br> 夕暮れをすぎて

個数:1
紙書籍版価格 ¥701
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
夕暮れをすぎて

  • ISBN:9784167705787

ファイル: /

内容説明

巨匠キングが贈る不思議と感動の物語

ごく普通の人々の人生に訪れる不思議。切ない悲しみの待つ結末、あるいは血の凍るような恐怖。巨匠の才能を堪能できる最新短篇集

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

111
短編作品集を日本では2冊に分けて出版したようです。短編とは言いながらもキングらしさがあふれる作品集になっています。「ジンジャーブレッド・ガール」はこの中ではかなり印象に残りました。またブラッドベリのような印象の作品もありました。後半の作品集も引き続き読もうという気が起こりました。2018/12/14

絹恵

54
夕暮れをすぎて、空気が変わり始める瞬間を切り取った短篇集。全篇を通して、"向き合うこと"が表現されていると感じました。特に『彼らが残したもの』では、9.11に向き合うとき、やはり最後に辿り着く感情は甘さとは違う優しさなのだと思いました。そして夢が現実を侵食するその光景は、昼と夜が向き合って夜が世界を染め上げるそれに似て。2015/06/21

yutaro13

49
キングの第五短編集その1。印象に残るのは中編サイコサスペンスの「ジンジャーブレッド・ガール」。主人公の父親が働くのは「大学のモータープールの事務所」なのだが、駐車場をモータープールというのは和製英語ならぬ大阪英語、だから翻訳者は大阪出身だろうと思ったらなんと東京の人。じゃあと思って原文を調べると案の定motor pool。辞書にはないが、アメリカの大学にあるレンタカーや送迎サービスを行う施設をmotor poolと呼ぶらしい。カタカナだとニュアンスが違う気もするが、かといって他にいい訳も思いつかぬ。2021/04/05

kariya

45
短編でもキングはすごい。身勝手な娘に振り回される青年の悲喜劇が意外な結末と風変わりな余韻を残す「ウィラ」に始まり、子供を亡くし傷心の母親が思いがけない危機に独り立ち向かう、これはキングの面目躍如たる「ジンジャーブレッド・ガール」、小品ながら静かで明るい諦念が胸を打つ「卒業の午後」と、収録作の彩りも様々。長編ほどの膂力を読み手に課さなくとも、さらりと読み流せる作品は一本もない。とりわけ、”あの”事件後に失われた筈の品々の訪れを受けた男の困惑を描く「彼らが残したもの」の悼みの響きは、深く重い。2009/11/23

たか

26
キングの短編って正直あんまりあわないけど、彼らが残したものはなかなか良かった。アメリカにとって9.11の爪痕は想像以上にに深いものなんやと理解できた。2019/09/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/544671

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。