HJ文庫<br> 俺と彼女のラブコメが全力で黒歴史

個数:1
紙書籍版価格 ¥680
  • Kinoppy
  • Reader

HJ文庫
俺と彼女のラブコメが全力で黒歴史

  • ISBN:9784798606033

ファイル: /

内容説明

学校再編のため、不幸にも男子校に通うハメになった高校生・黒須龍騎は、憧れの青春ラブコメライフをものにするため出会いゲットに全力投球中。ある日、偽のメールに騙された彼の前に完全無欠の美少女が現れ、龍騎にデートを申し込むのだが――。はたして龍騎は恋愛チャンス0%の暗黒時代から脱出できるのか? 第6回HJ文庫大賞・奨励賞受賞作!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KUWAGATA

14
意外やかなりひどい評価を受けているようです。個人的にはそれほど悪くはないと感じましたが。リアリティを追い求めすぎたあまり、その他の設定が雑な感じがするなど、確かに色々残念なレベルではありますが、万一続刊が出たら是非とも読んでみたい。合コンの結末とかね、確かにいかにもありそうで笑っちゃいました。ちなみに私の出身校は元女子高で女子の比率が圧倒的に高く、文化祭のゴタゴタでラッキースケベに遭遇した経験もあります。作中ではそれらはラブコメ設定扱いされていましたが、現実にはこれはこれで息詰まる高校生活でした。2013/06/17

シンヤ

11
こいつは…すごいピーキーだわ。これは確かに『黒歴史』。バランス感が尋常じゃなく痛い。登場人物もそれらしい配置、ストーリーも終盤ちょいと急ぎ足であったが、それなりに纏まっている"ように見えて"ラノベらしい要素を押さえてあった。でも、こう根底の座標から思い切りズレている。不自然な自然体な異常性が感じられた。何処にも振り切れていないのに、珍妙な空気感を醸し出している。「生煮えなリアリティ」がまさに『黒歴史』的な読み口がありシュールな感じ。酷くて痛々しい、でもそれなりに面白くはあり異質。これはどう読み込むかだな…2013/06/03

SSS

10
主人公が、女物のショーツを穿いて気持ち良くなってたり、ヒロインの部屋で女装しながらうんこ漏らしたりするのは引いた。↴↴  ヒロインは、まあ悪く無いかな?って感じ。  う~ん。バカコメ・ギャグコメ・ラブコメ・青春モノ、どれに当てはめても微妙という・・・。作者はあとがきで、「自分のリアルな経験談を元にして、リアルさを追求してみた。」みたいな事を書いてるけど、正直どうかと思う。2013/06/01

まるぼろ

9
男子校で出会いのない黒須龍騎と同じく女子校で出会いのない東雲ササラとの学園ラブコメです。最初の方と言うか第1話での龍騎の顛末はまさしく自業自得と言うか、何でそんな事してしまったん…とか思いましたが、それ以降の龍騎はまあ概ね好意的に読めましたw まあそんな中の最悪だったササラとの出会いですが、現実的と言うよりはまさに普通に王道学園ラブコメのフィクションですが、楽しくは読めました。この話をリアリティあるよねとは言えませんが…w この巻で完結してるくらい物語としては纏まってますが、続きが出るなら読みたいです。2013/08/12

ギンレイ

8
【進め青春!】 頭カラッポにして読む青春ラブコメ。 コメディはかなり楽しめました! 下品な部分を除けばねw キャラとか展開はフィクション全開で、所々主人公に優しくないとか、例え友人であっても・・・ていう心理とか、ちょいちょいリアリティが垣間見えます。 だから圧倒的に優しい世界に慣れていると落差が・・・てなるかも。 そういった優しくない世界とかラブコメに対しての『そんなのあるわけないじゃん』って記述が大丈夫かどうかで評価はかなり分かれそう    評価は ★★★★★★★★★☆ 9個星です!!2014/04/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6829102

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。