ネコのヒゲは脳である

個数:1
紙書籍版価格
¥1,760
  • 電子書籍
  • Reader

ネコのヒゲは脳である

  • ISBN:9784255002781

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

人間と動物の不思議にはじまり、言葉や社会を骨の髄まで解剖。
養老孟司のスタート点=解剖学に立ち返り、もの言わぬ死体を見すえるところから、人間を、世の中を見つめ直す知的興奮の書。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

姉勤

21
表題も含めた表紙の二人の問答集。飄々とものがたる養老孟司氏に、徐々に熱くなる島田雅彦氏の問い、反問、煩悶。 明らかな回答も、深刻な疑問もなく、培った知見をベースに仮定する。人体のこと、生物のこと、進化のこと、人間のこと。本質は機能にあるのか、作用にあるのか、形態にあるのか。閉じた世界なのか、限りなく開いているのか。読者にも口を挟ませろ、な本。2017/04/01

ochatomo

9
レクチュア・ブックスの一冊「中枢は末梢の奴隷ー解剖学講義」の新版 遺伝子と環境、文学と科学となかなか難しい 教養の雑談 元本1985年 2004刊2024/06/18

eipero25

7
表紙やタイトルから、猫飼いの学者トークかと思っちゃった。難しい解剖学や自然科学、哲学を養老さんが島田さんに講義しているんです。 今から40年近く前に。 それで復刻出版にあたって島田さんの言葉がそえられているのが、楽しいぐらいで、めちゃめちゃ難しかった。2021/10/30

かいら

3
やっぱり養老さんの物言いは好きなんである。2011/08/28

nizimasu

2
養老先生に作家の島田雅彦があれこれ訊く対談集。解剖や脳の話にとどまらず、文体やそれぞれの人体パーツの不思議まで興味の赴くまま話が進む。それでも何でも答えてしまうよう老先生の博識ぶりにいつもながら感嘆しながら読む。なんか楽しい読後感2013/01/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/105136
  • ご注意事項