新潮文庫<br> 忘れないと誓ったぼくがいた

個数:1
紙書籍版価格 ¥572
  • Kinoppy
  • Reader

新潮文庫
忘れないと誓ったぼくがいた

  • 著者名:平山瑞穂【著】
  • 価格 ¥572(本体¥520)
  • 新潮社(2015/03発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784101354811

ファイル: /

内容説明

大好きなのに、いつまでも一緒にいたいと思ったのに、ぼくの心を一瞬で奪った君は〈消えてしまった〉。君の存在を証明するのはたった数分のビデオテープだけ。それが無ければ、君の顔さえ思い出せない。世界中の人が忘れても、ぼくだけは忘れないと誓ったのに――。避けられない運命に向かって必死にもがくふたり。日本ファンタジーノベル大賞受賞作家による、切ない恋の物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たるき( ´ ▽ ` )ノ

84
切ない。考えれば考えるほど切ない。忘れたくないのに思い出せない、って本当にきつい。でも人間はどうしても忘れていってしまうんだよね。だから、大切なことは形に残しておかないとって必死になる気持ち、すごくわかる。2016/04/03

アポロ

60
儚く消える君に、必死にあらがう僕!ビデオ泣けた!そして、作者が、男性だった衝撃!2017/11/14

ひめか*

55
大切な人との思い出は絶対忘れたくない。ずっと大切に覚えていたい。相手にも忘れてほしくない。過去のことをよく覚えていて、その時々を大切にしたい記憶に留めたいと思いながら今まで生きてきた私にとって、タカシの気持ちは痛いほどわかった。たぶん私でも同じことをすると思う。それが何の意味をもたらすかはどうでも良くて、ただ自分が忘れたくないから。皆から忘れ去られたとしても、一人自分の存在を忘れず、自分と過ごした日々を大切に思ってくれた人がいるだけで幸せなこと。切ないけどビデオレター、エピローグのラストが良かった。2015/11/19

エンリケ

45
愛しい人が周辺の人々の記憶から消え、居なかった事になってしまう。何とも切ない設定。主人公の男子高校生はそれに抗い、必死に運命を変えようとする。当節稀なくらいな純愛物語。でも期待していたのは彼女がフェードアウトする謎解き。それは語られず終わってしまう。書き様によっては人の記憶の深淵やら輪廻転生等もっと劇的な展開は出来たのでは。やや平坦なストーリーや描写が残念だった。映画化もされているとの事。そちらにも興味が沸く。2017/03/08

いたろう

44
映画が良かったので読んでみた原作本だが、映画と原作で設定は似ているものの別モノだった。原作も悪くはないが、映画を観てしまうと、どうしても物足りなく思えてしまう。原作では「消えて」忘れられるが、映画では消えないのに忘れられてしまう。似ているようで、この違いが大きい。そして、映画で最後に判明した大きな秘密、これがすごく切なく涙を誘ったが、それは原作にない設定だった。もう一度映画を観たい。2015/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/550476

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。