ハードラック

個数:1
紙書籍版価格 ¥968
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

ハードラック

  • 著者名:薬丸岳【著】
  • 価格 ¥968(本体¥880)
  • 特価 ¥677(本体¥616)
  • 講談社(2015/03発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062930321

ファイル: /

内容説明

二五歳にもなって日雇い仕事すら失い、「大きなことをするため」闇の掲示板で四人の仲間を募った仁は、軽井沢で起きた放火殺人の汚名を着せられてしまう。なぜ俺を嵌めた? 信じられるのは誰なんだ? 手探りで真犯人を探す仁、闇世界の住人たち、追う刑事。物語は二転三転し、慟哭の真相へと向かっていく。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

300
キャッチーなタイトルと装丁から、まったく別の内容を想像しつつ手に取った、ひさびさの薬丸作品。主人公の仁が堕ちていくさまは、読んでいて胸が痛くなったほど。こういうプロットにはありがちな、ご都合主義といくつかの不自然さはあるものの、読みやすく一気読みでした。2016/07/23

じゃじゃまる

137
闇社会がもたらす本当の悲劇、そこに踏み込まなければならなかった格差社会の犠牲者の是非を問う、というところがこの話の本質か。。派遣切りにあい、職も住居もなくした男=ジン、闇社会に騙され借金漬けになった男=バーボン、そして闇社会によって肉親を失った男=●●、この3人が悲劇の主人公。しかし真犯人の正義はやっぱり正義じゃない、気持ちはわかるが、巻き添えをくらった方は本当の悲劇だよ。でも正解はわからんな、格差社会は今も現実、明日は我が身、か。闇の森下がやけにかっこよく描かれていたのはちょっと不愉快、いつか制裁を!2016/05/04

hit4papa

123
強盗殺人の罪を着せられた青年が、真相を究明するために奔走するサスペンスです。少年犯罪、被害者家族・加害家族といった、答えの出し難いテーマを得意(?)としている著者ですが、本作品は分かり易い展開で、拍子抜けをしてしまいました。ミスリードを試みてはいるものの、所々、無理がありますから、興を削がれます。伏線は確かに張られているのですが、すんなりとは腑に落ちません。誰も信じてくれない系のサスペンスの割に、ハラハラが少ないのも面白味を欠いている一因です。締めくくりでは、どんより感が増量してしまいましたよ。どよーん。2020/04/07

nobby

108
さすがの一気読みだったが、何とも暗く救いようがない…仕事も住む所もなくネカフェでその日暮らしな若者が落ちた闇。きっかけなんて、そんな些細なことなのかもしれないが、その堕落模様も簡単なことなのかと恐怖。何をするか決めぬまま仲間を募るのが斬新なのか、浅はかなのか…仁がハメられた黒幕の正体は後半で気付けたが、確かに丁寧な伏線もはってある。薬丸作品らしく最後明かされる事実や迎える結末には哀しい余韻がいっぱい。2015/09/05

mincharos

107
薬丸岳の作品は、出てくる悪人が心は善人なことが多く、社会問題や育った環境によって仕方なく犯罪に手を染めてしまったような。本作もそうで、住む場所もなく持ち金も底をつきそうで、ネットカフェに寝泊りしている江原仁が主人公。私は幸せなことにお金に困った経験も今までせずに済んでいて、違う世界の話だと遠巻きに俯瞰することも出来るんだけど、薬丸作品では違う。主人公にすごく共感してしまい、他人事にできない。薬丸作品、まだまだ未読なものも多いので、今後読むのが楽しみだ!しかし、読んだ後に表紙を見ると胸がヒリヒリと痛むよ。涙2017/09/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9226673

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。