山と溪谷社<br> 今そこにある山の危険 - 山の危機管理と安心登山のヒント

個数:1
紙書籍版価格 ¥836
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

山と溪谷社
今そこにある山の危険 - 山の危機管理と安心登山のヒント

  • 著者名:岩崎元郎
  • 価格 ¥668(本体¥608)
  • 山と溪谷社(2015/02発売)
  • 初夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~5/31)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「山登りは危険だからこそ価値がある。危険を認識できない者は山に登ってはならない」
こんな常識も通用しない登山ブームの昨今、どうしたら遭難や遭難直前の危険を回避できるのか。
今こそ生かしたい山の先達の経験。
自立した登山者となるために、今何を学ばなければならないのか。

山の危機管理と安心登山のヒント。
近年、山での遭難事故が増加の一途をたどっているのはなぜなのか。
教育を受けていない未組織登山者が増えているから、
高齢化による体力の衰えに気付かず自分の力を過信しているから、
安易に携帯電話で救助を求める登山者が増えてきたから、
等、さまざまな理由が挙げられるが、すべての根本は「身近にある山の危険に気付いていない」ことにつきるといえよう。

本書は、登山経験・ガイド経験ともに豊富な岩崎元郎氏が、自身の体験や見聞をもとに、身近にある山の危険を語り、それを避けるための判断力を磨くための情報を満載した啓蒙の書。
自身の実体験を披瀝することにより危機管理意識に気付かせ、読者を「自立した登山者」へと導いてくれる。

岩崎氏主宰の無名山塾の「巻頭言」の一部をもとに、加筆、修正しながら50のテーマで「自立した登山者」になるための道筋を説く。
「悪天候下での行動」、「転倒滑落・道迷い・落石」、「カムエク登山中止の決断」、「どこか面白い山教えてください」、「冒険登山と趣味登山」、「トレーニング考」、「低体温症と服装戦略」などの実例から学ぶ教訓を中心に、登山の楽しみ方のヒントも加筆、読みやすい構成。

目次

はじめに

◆山の危険認識と危機管理
登山の危険はどこにある
「転倒・滑落、落石」はなぜ起こるのか
やさしい場所で起こる転落事故
なぜ「道迷い」事故が一番多いのか
生死を分ける悪天下での判断
山の雷の怖さ
認識不足が招く低体温症の危険
水だけでは防げない熱中症
知っておきたい高山病の基礎知識
年齢相応の健康チェックを
雪があれば雪崩は起きる
問題山積――ゴールデンウィークの山で
ゴールデンウィークの山の遭難から
ホワイトアウトにご用心
カムエク登山中止の決断
登山ブームというけれど
山岳会を考える
実は生活技術が難しい
危機管理のためには臆病であれ
火山の危険

◆安全安心な山歩きのためのヒント
オーバーヒートにご用心
トレーニングの意味
日ごろのトレーニング
グレードを考え直す
ゆっくり歩きのすすめ
今からでも遅くない
山は自分の発見
面白い山、教えて下さい
行ってみなくちゃわからない
山見知り
雨が降っても楽しい
足元に名花あり
山に登れば、お酒もうまい
『日本百名山』はガイドブックに非ず
日本百名山を楽しく登る
二百名山と三百名山
ふるさと八百名山で山の発見
頭を空にする最良の方法
山は心の病院
山歩き検定に期待する
「八十歳のエベレスト登頂」余波
八十歳からはスキー

[参考資料]山岳遭難の概況から 編集部

あとがき







装丁 尾崎行欧デザイン事務所