会社を辞めないという選択 会社員として戦略的に生きていく

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

会社を辞めないという選択 会社員として戦略的に生きていく

  • 著者名:奥田浩美【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 日経BP(2015/02発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 420pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822268428

ファイル: /

内容説明

「会社にいるとやりたいことができない!」と思っていませんか?
 「私の夢は、ITの力で人を幸せにすること」。私はずっとそう言い続けてきました。はじめは笑われました。起業したものの、社員はわずか数人。「組織力もないのに、そんな大きな夢が実現できるわけない」と。それでも私は信じていました。たとえ小さな組織でも、社会に必要なことを考えれば、おのずと課題が見えてきます。縦・横・斜めと、想いを共有できる人々と手をつないでいけば、大きな力になるはずだと。
 これは、会社に所属している「個人」にも言えること。「いち会社員に何ができる?」と笑う人もいるでしょう。けれど、あなた一人の力でも、社会の課題を考えれば、やるべきことが見えてきます。そして会社は、人がつながりやすい場所。より大きな可能性を秘めていると言えるのです。ぜひ、あなたの想いを今いる場所に注いでください。人はどこにいても社会を変えられる存在なのですから。
 「会社員として起業家のように働く。」その方法をこれからお話ししましょう。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Go & Mocha

10
「年を経て、多くの経験を積み、自分がもっているものもたくさんになり、その分選択肢が増した50才になった今が一番可能性が大きい時期だ」なんとも前向きで励まされる言葉であった。明日からまた、新しい週が始まる。諦めないぞ!2016/07/03

Yohei

7
★★★☆☆起業経験者にしては珍しいタイプ、起業家>会社員という意識はそもそも間違っていて、どのような環境であろうが、起業家思考で自分の強みを生かし、社会を変える方法を示すべきと提言する本。一見ヒエラルキーガチガチで保守的な社内という事業環境を見直せば色々な可能性が見出せるはずで、その環境で自身の事業戦略をどのように立てるかを考える気にさせてくれる。著者の意見ももっともで、それぐらいのマインドでないと、退職して起業しても失敗するだけだろう。2015/07/23

まままま

4
能動的に会社を辞めないという選択をするということもあり得ると著者は主張しています。ゼロから始めるスタートアップと比べ、サラリーマンは会社の資源を利用できるため、より大きな仕事を実現できるはずとのことです。2019/01/12

Humbaba

4
独立して自分で道を切り開くと言うのはたしかに一つの生き方であると言える。しかし、それが必ずしも人生における幸福に繋がるとは限らない。属しているときにはなかなか気付かない事も多いが、会社員であるというのはそれだけで多くのメリットを享受している。それを有効に活かそうとするのもまた充実した人生を歩むコツである。2017/08/22

とよぽん

4
著者が強調しているのは、会社員であるかないかという立場にこだわらず、自分がしている仕事が社会とどうつながっているのか、どう貢献しているのかということを意識しよう!ということだ。私たちは、現実に行き詰まりを感じたとき、とかく物事の「限界」を妄想し、そこで諦めてしまいがちだ。しかし、この本はそこで、360度ぐるっと回転してみて、自分と社会と仕事とのつながりをもう一度考えてみようと後押ししてくれる。2015/06/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9295830

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。