バーズノベルス<br> GLASS HEART グラスハート

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

バーズノベルス
GLASS HEART グラスハート

  • ISBN:9784344819061

ファイル: /

内容説明

バンドを「女だから」という理不尽な理由でクビになった高校生・西条朱音の元にかかってきた一本の電話。「一緒にバンドをやらないか」――天才ミュージシャン・藤谷直季からの突然の誘いに朱音は戸惑うばかり。翌日、藤谷の結成したバンドメンバーと出会った朱音は、なし崩しのまま、彼らとともに歩んでいくことになったが…。名作「グラスハート」シリーズ第一巻、待望のリリース!! 【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あず

6
長いこと積読していた一冊がやっと読めた。新装版出てから10年たっているんだなぁ。時が流れるの早い。カセットテープが現役で出てきたり、携帯電話がなかったり、青春時代にはまり込んで、今でも好きな作品だから、何か懐かしかった。この時代の音楽好きだなぁ。音楽演奏シーン大好き。次も早く読もう。2020/09/15

漢方売り

5
コンサートシーズン前にテンション作り。個人的には一番好きな音楽物の小説。音楽をオンガクと書いてみたくなる世界観や頭に音が鳴り響くような描写が好きです。2015/03/29

ちびのすけ@灯れ松明の火

5
コバルトで読んでいて途中で挫折したら新装版になって出ていたので買ってみました。時代を感じるけど朱音がキリッとしてる子なので男子社会に馴染んでました。反面嫌なオンナも出てきて…。書下ろしまで読んだところで、なんだが藤谷センセイと高岡さんの愛の物語ダナーと思いましたf^_^;2013/10/23

おさと

4
なんでかひっさびさに少女小説。時代を感じるわー2019/04/10

菜月

4
新装版になってから初めて最初から読んだ。この作品を知ったのは「冒険者たち」からだったのですが、やはり読ませる作品だなと思いました。文章の隅々から聞こえてきそうな彼らの音楽。読んでいるだけなのに、音が聞こえてくる感覚がたまらない。キラキラとした、彼らの物語が大好きです。2012/11/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/334771

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。