中経出版<br> 会社の目標を絶対に達成する「仕組み」の作り方

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,404
  • Kinoppy
  • Reader

中経出版
会社の目標を絶対に達成する「仕組み」の作り方

  • 著者名:石田淳【著者】
  • 価格 ¥1,404(本体¥1,300)
  • KADOKAWA(2015/02発売)
  • ポイント 13pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「立てた目標が3か月後にはポシャッてる」。これが9割を占める経営者の悩み。内容の無謀さを更に思い悩むが大きな勘違い。精神論とは一切関係なく、行動に焦点をあてた行動科学マネジメントで仕組み化を教える。
【目次】
Chapter1 あなたの会社は生き残っていられるか?
 「人材不足」の危機感は、持ちすぎるほど持ってもいい
 会社が「成長」しなければ、人材は流出する
 目標達成を実現させる人材の「開発」は、経営者の急務
 あなたの会社は「社員教育」を勘違いしていないか?  ほか
Chapter2 「今いる社員」を「目標達成できる人材」に変える
 「今いる人材」を「できる人材」に
 「できない理由」は、たった2つしかない
 具体性がなければ、それは「行動」とは言えない
 「仕組み」としてのマニュアル  ほか
Chapter3 目標達成のための習慣作り
 「習慣化の仕組み」がわからなければ、「できない人」はそのまま
 「すぐに成果を享受できない」から、行動は定着しない
 「後押し」「動機付け」「ハードル」が、行動継続のポイント
Chapter4 社員が「動き出す」仕組みを作ろう
 「仕方なくやる」を「やりたいから、やる」に変える
 「結果のコントロール」ができる人とできない人がいる
 社員が「報われた」と感じることは何かを考える
 さまざまな報酬が社員の行動を変える  ほか
Chapter5 理念と計画を落とし込む
 浸透、定着のカギを握るのは、現場のマネジャーだ
 じつは目標自体は重要ではない
 「企業フィロソフィー」の落とし込みで、会社の成長を3倍にする
 「会社は社員をどう思っているか」を示す  ほか